骨粗鬆症(こつそしょうしょう) | 浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

ボキボキしない・自然治癒力を高める整体

「骨粗鬆症」とは、骨の量が減ってスカスカになってゆく病気です。

高齢女性に多く、50歳以上の女性の25%に発症すると言われています。

 

1、原因

「加齢」「女性ホルモンの欠乏」「生活習慣」の3つが考えられます。

健康な骨の維持には、骨の形成と吸収の代謝バランスが鍵となります。

女性の場合は、閉経により骨の分解を抑制するエストロゲンという

ホルモンの分泌が急速に低下し、骨の形成が吸収に追いつかなくなるのです。

このほか無理なダイエットや偏食により、カルシウム、タンパク質、

ビタミンD、ビタミンKなどが不足すると、骨量が減りやすくなります。

 

2、症状

自覚症状はほとんどありませんが、問題となるのは骨折しやすくなることです。

それに伴って様々な症状があらわれます。

骨折の起こりやすい部位は、脊椎(ほとんどが圧迫骨折)、大腿骨頸部

(脚の付け根)、橈骨遠位端(手首)などです。

脊椎圧迫骨折の場合は、腰背部痛、腰が曲がる、身長が縮む等の症状が

あらわれます。大腿骨頸部骨折の場合は、これをきっかけに「寝たきり」になる

ことも多く、20%が1年以内に亡くなるともいわれています。

 

3、治療および予防

1)食事:カルシウム、ビタミンD、ビタミンK、タンパク質が大事です。

  魚、乳製品、大豆製品(豆腐、納豆など)、きのこ類、黄緑色野菜、海草

  類を積極的に摂取し、塩分、アルコール類は控えめしましょう。

2)運動:ウォーキング、スクワットなどで積極的に体を動かしましょう。

  その際、適度に日光を浴びることにより、身体の中でビタミンDがつく

  られ、腸管からのカルシウムの吸収が高まります。

3)薬物:ビスホスホネート、副甲状腺ホルモン、活性型ビタミンD等

4)転ばないこと。これが一番大事かもしれません。

 

 それにしても、「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という病名は、言いにくいし、字も難しいですね。いつも来てくれるおばあちゃんは、自分の病気を「骨故障症」だと思い込んでいます。たしかに、この方がいいかも(笑)

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334