【Dr.大久保の健康コラム】帯状疱疹 | 浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

ボキボキしない・自然治癒力を高める整体

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、体の片側に痛みを伴う小さな赤い水ぶくれが帯(おび)状にあらわれる病気です。

 

原因は、ヘルペスウィルスの1種である「水痘・帯状疱疹ウィルス」です。

子供の頃にこのウィルスに感染すると「水痘(水ぼうそう)」になります。

そして、水痘が治った後も、このウィルスは脊髄の神経節の中で生きています。

 

ふだんはおとなしく潜んでいますが、加齢、過労、ストレスなどで免疫力が低下すると再び暴れだし、神経を伝わって皮膚に顔を出して「帯状疱疹」として発症します。

 

50歳代から発症率が高くなり、生涯3人に1人がかかると言われています。  

 

最初はピリピリとした痛みを体の左右どちらかに感じ、数日後に皮膚に赤い斑点があらわれ、その後小さな水疱となり、いくつか集まって体の片側に帯のように広がっていきます。

 

「胸背部」に最も多く、次いで「腹・腰」「顔・頭」「上下肢」の順です。

 

ふつうは3週間程度で治りますが、発疹が消えた後にもピリピリとした痛みが長期間つづくことがあります。

 

一度かかると免疫がついて再発することはまれですが、抵抗力が弱くなった時に再発することもあります。

 

治療は、抗ウィルス薬の内服や注射が主体ですが、痛みが強い時は鎮痛剤を投与します。できるだけ早く開始することが大切です。

 

栄養、睡眠を十分にとるなどして体力の回復に努めることも大事です。

 

帯状疱疹が他の人に伝染することはほとんどありませんが、水痘にかかっていない子供に水痘として伝染することがあるので注意が必要です。

 

予防にはワクチンが有効です。対象は50歳以上の人です。

 

それにしてもこのウィルス、無断で人の神経に住みついて、人が弱ってきたら暴れ出すとは不届き千万ですね。でも彼らにしてみれば、家主が弱って死んでしまったら大変なので、あわてて逃げ出そうとするんでしょうね。

 

我々人間は、自分のためにも、ウィルスのためにも元気でいることが大事ですね。

 

 

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334