【Dr.大久保の健康コラム】痔の話 | 浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

ボキボキしない・自然治癒力を高める整体

「3人寄れば、痔主が1人」

と言われるように、痔は非常に身近な病気です。

 

 

 

痔には主に3つの種類があります。

 

1、痔核(いぼ痔)

肛門皮下には、血管が豊富な組織が存在しており、

これがうっ血して膨らんだものが痔核です。

 

肛門の奥の方にできる「内痔核」と外側にできる「外痔核」とがあります。

「内痔核」は、痛みは軽いが出血することが多く、

「外痔核」は逆に、痛みが強く出血は少ないのが特徴です。

 

人間は心臓よりおしりが下にありますから、

血液がおしりの静脈に溜まってしまいがちです。

つまり人間である以上、痔核は避けられない病気なのです。

 

 

2、裂肛(きれ痔)

硬い便を出そうとイキんだり、

逆に下痢が続いたりして肛門の皮膚が切れた状態です。

痛みが強く、繰り返すと肛門が狭くなることもあります。

 

 

3、痔瘻(あな痔)

直腸と肛門の境にある凹みに細菌が感染し膿がたまり、

1本のトンネルのように皮膚と貫通してしまった状態です。

 

 

痔の原因は主に生活習慣にあるので、その予防は

 

1、便秘を防ぐ。

そのために、

「朝食をしっかり摂る」

「食物繊維の多い食事を心がける」

「水分を十分に摂る」

「ウォーキング等の運動をする」

などを心がけてください。

 

2、下痢も大敵です。

「寝る前に食べない」

「脂っこいものを摂り過ぎない」

「発酵食品(納豆、ヨーグルト等)を摂る」

などを心がけましょう。

 

3、長時間の座位を避ける。

 

4、アルコール類や、からいものを摂り過ぎない。

 

5、禁煙する。

 

6、肛門を清潔に保ち、おしりを冷やさないように心がける。

 

 

痔は、虫歯に次いで日本人に多い病気ですが、

「恥ずかしい」という気持からか、

かなり悪化してから病院を受診する人が多いのは残念です。

 

とかく「入口」に対して「出口」は地味で日が当たらないものですが、

口は派手で目立つ反面、時に「災いのもと」にもなります。

その点、肛門は寡黙で地味ですが、大切な役割を担っています。

 

ぜひ、いたわってあげましょう。

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334