コレステロールの話 | 浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

ボキボキしない・自然治癒力を高める整体


テーマ:

食欲の秋ですね。ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、

コレステロール値が気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

コレステロールというと、悪者のイメージが強いのですが、

実は細胞やホルモンなどの材料になる大切な物質です。

 

コレステロールは脂質なので、そのままでは血液に溶け込むことができません。

そこで血液となじみやすいタンパク質に包まれて血液中を流れています。

このタンパク質には、

 

・低比重リポたんぱく(LDL)

・高比重リポたんぱく(HDL)

 

の2種類があります。

 

低比重リポたんぱくに包まれたコレステロール(LDLコレステロール)は、

肝臓から出発して、体の各細胞にコレステロールを運びます。

 

高比重リポたんぱくに包まれたコレステロール(HDLコレステロール)は、

全身の細胞から、余ったコレステロールを回収して、肝臓に戻ってきます。

 

HDLは、コレステロールを回収する働きがあるので「善玉」と呼ばれ、

反対に、LDLはコレステロールを運ぶのみで回収しないため、「悪玉」と呼ばれています。

 

血中にLDL(悪玉)が増え過ぎたり、逆にHDL(善玉)が減り過ぎると

動脈硬化が進み、脳梗塞、心筋梗塞などを起こしやすくなります。

 

LDL(悪玉)を下げ、HDL(善玉)を上げるためには、

やはり食生活が重要です。

 

食べ過ぎない方がよいものとしては、

 

・脂っこいもの(脂肪の多い肉、バターなど)、

・甘いもの、

・レバー、

・アルコール類

 

等です。

 

卵はそれほど気にすることはありません。

すぐれた栄養食品ですので、ふつうに食べてかまいません。

 

逆に積極的に食べた方がよいものとしては、

 

・食物繊維の多いもの(野菜全般、きのこ、海藻、豆類、芋類等)

 

です。食物繊維にはコレステロールの吸着作用があります。

またDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)を多く含む

 

・青魚(あじ、さば、さんま、いわし等)

 

もお勧めです。

 

 

DHA、EPAは脂肪酸の1種で、血液をサラサラにする効果もあります。

もちろん適度な運動(ウォーキングなどの有酸素運動)も大事です。

 

実は私も、LDLコレステロール値が高くて、

いつも看護師さん達に叱られています。

 

 

この秋は、野菜をたくさん食べて、しっかり運動しようと思います。

患者さんには内緒にしておいてくださいね(笑)。

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975

 


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334

 

 

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります