浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

ボキボキしない・自然治癒力を高める整体


テーマ:

夏場は、さまざまな皮膚トラブルに悩まされますね。

その元凶は何といっても紫外線(UV:Ultra Violet)です。

 

太陽光線の1つである紫外線は、

とても強いエネルギーを持つので人体への影響が強く、

浴び過ぎるのは危険です。

一日中屋外に居てぐったり疲れてしまうのは、

紫外線によって免疫機能が低下するためなのです。

 

紫外線は、波長の長さによってA波とB波があり、

A波は皮膚の深いところまで届き

長時間浴びると皮下の線維が障害され、

シワができるなど皮膚の老化が早まります。

 

B波は皮膚の浅いところまでですが、

日焼け、しみ、皮膚がんの原因となります。

 

 

紫外線は、反射、散乱するので、

直射光だけを避けても体に届いてしまいますし、

曇りの日でも晴天時の60%強ありますので、注意が必要です。

 

紫外線の強さを表す「UVインデックス」は

最も弱い「1」から、強い「11」まであり、

6以上の時は要対策です。

 

また、皮膚だけでなく目にも強いダメージを与え、

視力低下、白内障などの原因にもなります。

 

紫外線対策としては、

 

1)紫外線が多いのは、

5月から9月で特に正午前後の数時間ですので、

その時間帯の外出をできるだけ避けましょう。

 

2)長袖シャツ、つばの広い帽子、

日傘(裏地が暗い色のもの)、

サングラスなどで遮光しましょう。

サングラスは、暗い色のものは瞳孔が開いて、

かえってたくさんの紫外線が目の中に入るので、

むしろ明るい色で「UVカット」の表示のあるレンズがいいです。

 

3)日焼け止めクリームは、

外で遊ぶ時だけでなく日頃から使うことを勧めます。

 

 

効果を示す指標として、

SPF(B波を防ぐ効果:1〜50)とPA(A波を防ぐ効果:+〜3+)があります。

 

 

参考値としては、

買い物などちょっとした外出時:SPF:10〜15程度、PA:+程度

戸外で仕事やスポーツをする時:SPF:25〜35程度、PA:2+以上

   

でも、こんがり日焼けした小麦肌の女性は魅力的ですよね。

 

小麦肌美人No.1は、安室奈美恵さんだとか。

私も好きですが、歳とってからのシミやシワが心配です。

 

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975

 


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります