リーキーガット症候群④ | 森田カイロの論より証拠

森田カイロの論より証拠

おもに患者様から頂いた声を中心にアップしていきます。

リーキーガット症候群の対処法


必要なものを運び、いらないものを流すためにしっかりと良い水分とミネラルを取る


添加物の多いものや遺伝子組み換え食品は控える

植物性の乳酸菌(ぬか漬け等の発酵食品や質の良い酵素)を毎日摂取する

しっかり噛んで食べる


半日断食 夜ご飯を一食抜く。昼の12時から翌朝の6時まで食事をとらない。
(微絨毛は18時間で生え変わるから)

腸の働きを活性化させる(整体でできるところです)



簡単に言うと


悪いものの摂取を控え

良いものを摂取し

腸が活発に働ける環境にするということ



整体的に言えば

腸の働きを活発にすることで

腸間壁の細胞を活動しやすくし腸粘液を出るようにして腸内環境を改善させ、
質の高い水分やミネラルや酵素を摂取し、不要な物質を流し出す。

そうすれば腸内環境も改善されリーキーガット症候群も改善されます。



リーキーガット症候群 LGS(腸管壁浸漏症候群) でお困りでしたら



今すぐ森田カイロプラクティックにお電話ください。


077-533-1200



当HPにて来院された方にのみお教えしていた「自分で自律神経を整える方法」を掲載中です。


森田カイロのHP

森田カイロプラクティック

滋賀県大津市粟津町5-9

MAIL mrtchiro59@mail.goo.ne.jp