司法書士の森下です!

 

前回のブログで、エンディングノートを買ったけど、

書かずにそのままになっている方のために、

1ページ目から書かずに好きなページから書きましょう!とお伝えしましたが、

どうですか?エンディイングノートをペラペラめくってみて、

興味のあるページはありましたかはてなマーク

 

では、次のコツをお話ししますね。

 

書き方のコツ その2

「全部のページを書かなくてOK!」

 

エンディングノートを書き始めたものの、書くページがたくさんあって

プレッシャーになっていませんかはてなマークショック

 

そうなんです。真面目な人ほど全てのページを書かないといけないと

プレッシャーになってしまう。

すると、なんだか気が重くなって・・・。

う~ん。今じゃなくてもいいや!と書くのをやめてしまうんです。

もったいない!!折角、ニ歩踏み出せたのに。しょぼん

 

エンディングノートは全てのページを書かなくていいんですよ。

今の気持ちを書いておこう!でいいんです。

まだ介護については考えたくない。

延命治療については想像もできない。

それでいいんです。それでOKです。

書きたくなった時に、そのページを開けばいいんです。

 

友達のリストは作っておこう!

子どもと孫への思いは書いておこう!

パソコンや携帯電話の処分方法については書いておこう。

こんな感じで、書きたいページ、書きたい想いを探していきましょう。グッド!

 

財産については、エンディングノートには法的な効力がないので、

誰に何を相続させたいという想いがあるなら、遺言書に書きましょう!

エンディングノートには、金融機関名や口座等、財産の手掛かりとなる情報を書きましょう。

 

エンディングノートを書く時間は、自分と向き合う大切な時間です。

だから、全部のページを書かなくていいんです。

書きたいページに書きたい想いを書きましょう!ニコニコ