【日本の株式市場も、ようやく開国か?】 開示、英語でOK! | 東京港区 森公認会計士事務所

【日本の株式市場も、ようやく開国か?】 開示、英語でOK!

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

外国企業が日本の株式市場に上場する際に、英文の情報開示だけで済むようになるそうです。

上場の時に必要な有価証券届出書は、かなりのページ数なので、それを日本語で作成するのがハードルとなっていました。

確かに、日本企業が香港やシンガポール市場に飛びだせない理由が、英語で書類を作成するのが大変というのと裏腹ですね。

【CFO養成講座】-あなたの会社を成長させよう!  - 東京港区の会計事務所 公認会計士 森 滋昭

ところで、東証に上場していた外国企業は、以前は100社以上ありましたが、今は 10社程度。

日本のIPO市場も、今年予想外に多く30~40社になるのかもしれません。

ただ、以前は年間100~200社上場しているのを考えると、大分少なくなっています。


それどころか、上場を廃止する会社が増えて、上場数が減少している状況です。


こうした状況から、今回の改正で海外のベンチャー企業の誘致を、金融庁は考えているようです。

ただし、今や世界のIPO市場の中心は、シンガポールと香港市場です。
プラダなんかは、ミラノ市場に上場せずに、いきなり香港市場に上場しています。


シンガポールと香港、国としての勢いを考えると、開示を英語に変えただけで、今さら、どれだけの外国企業が日本に来てくれるのか?

遅きに失した感はありますが、何もしないよりはいいですね!



<あわせて、よく読まれる、関連記事です>
 【サッカーのマンU、シンガポール上場へ】 東証はスルー・・・

よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ