ヨーロッパトイレ博物誌 | takeの水まわり奮戦記

takeの水まわり奮戦記

施工者から見たリフォーム工事のお話と
その他いろいろ


テーマ:

事のついでにこの本も紹介しましょうか


こちらは「ヨーロッパのトイレ博物誌」という本。


同じ時期に買った本ですが、高かったですねぇ(=⌒▽⌒=)


1988年出版とあります。


向こうはオマル文化圏ですので、すごいオマルが出ています


もし今の便器のまわりを木製の椅子のように、肘を付けたりして


ソファーのようにすると、これはすごい便器ができると思いますね



昔、寝室専用のトイレがありました。某大手メーカー


だったですが、寝室の中に長いすのようなソファーがあって


一見トイレとはわからないような設計になっているんですね


ずいぶん革新的だと思ったんですが、そう言う意味で


今はだめですね。一つのパターンにはまってしまって


みんな同じになってしまった。ここはもう一度歴史を


振り返った方が良いと思いますね。年が行くとすぐ昔話といわれ


そうですが むしろ昔の方が発想が豊かでしたね。


この本は久しぶりに見ましたが、ホント衝撃でしたねぇ

takeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス