いままで上手く出来なかったリフレクターの手刷りによるカラー表現ができるようになりました。さらにもっと皆さんを驚かせたくなり、シルク印刷でリフレクターによる写真プリントの驚愕のサンプルを作ってみました。

 

このインクの特殊な特性で写真の再現の難易度がめちゃくちゃ高く、この開発にかなり悩みましたが、不可能を可能にしたいという私の熱い開発者魂がメラメラと燃え上がり、諦めずにいくつものハードルを乗り越えてゴールまでやり遂げました。そして、やっとお見せできるレベルの物ができました。

 

おそらくですが、他社さんではこんなフォト表現をシルク印刷によるリフレクターのフルカラーは困難だと思います。

 

 

 

 

とにかくコレってかなり素敵じゃないですか!?

昼間は普通の写真プリントTシャツなのに、夜にスマホで写真や動画を撮ったら、カメラのフラッシュ光でビカ−とプリントが超絶発光するんですよ!

 

今どきの世の中の製品開発者の悩みは、いかにインスタ映えする商品を作るかが課題。これはかなりインスタ映えすると思いますよ。なお、これはフォトの場合ですが単色の印刷ももちろんできます。

 

リフレクターは光の照射された方向へまっすぐに戻る性質ですので、カメラや目の方向とは違う角度から照射された光はそっちへ光が戻ってしまいますのでご注意ください。カメラのフラッシュ撮影の場合はそのままで大丈夫ですが、肉眼で懐中電灯などを使って光を見るは光源を目線近くの位置からリフレクター印刷物に照射しないとうまく発光の確認ができません。

 

 

関連記事はこちら

リフレクター印刷の改良に成功