一昨日。
 
 
まーたーかーよー。
 

…………ぐったりしてます。

 
 
 
 
 
 
 
 
といっても、
 
強姦された訳じゃないです。
 
 
胸を触られた。だけ。
 
ただの、単なる、痴漢行為。
 
 
 
 
 
 
 
 
二回。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一回目にね、
あまりにも気軽に触られて、
びっくりしながらも、
嫌だから止めて、とはっきりと言ったのに。
 
 
 
二回目は、翌日。
さらに軽やかに楽しそう~に、
しっかりと、触られて。
 
伝わっていなかった(無視された)ことに、
驚きながら。
 
 
もう二度と、
 
絶対に嫌だと、
 
彼女にも今度こそ伝わるようにと、
真剣に伝えたら。
 
 
 
 
 
 
泣かれました。
 
大変に、傷付いた顔で。
 
 
 
 
 
 
 
 
私に性暴力を振るう人って、
 
ほんっと、傷つきやすくて、か弱い女性が多くてね。
 
 
 
 
深く傷付いた顔して泣く、か弱いその人と、
 
呆然とする(平然と見える)私との間に、
 
 
 
性犯罪が起こりました、
 
っていわれたら、
 
加害者、私にしか見えないだろうと、思うよ。
 
 
 
 
 
 
私の方が体格よくて、腕力あるしね。笑
 
 
 
(DVからの脱出に成功した後、
 
  簡単にころされないために、
 
  自分をまもるために、
 
  本気でボクシングをやったんです)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後も、その人が、
 
 
苦しそうに、悲しそうに、
 
号泣する姿は見えたけど。
 
 
 
 
 
それで彼女なりに整理つけてくれればって、
 
 
 
彼女から受けた痴漢行為は、
 
自分の中に納めよう、
 
 
って、黙って離れてた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことより!
 
 
 
自分が受けた痴漢行為なんて下らないこと!
よりも、
 
大切な、大切なことがあったから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今いる場所を、存分に味わうこと。
 
 
 
 
うれしかった。
 
 
楽しかった。
 
 
 
しあわせだったの。
 
 
 
かけがえのない、宝物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
けれど、
 
全部おわったら、
 
泣き止んだ彼女が、
 
私に言い訳をしにやってきて。
 
 
 
 
 
 
『愛してるから』
 
『魅力的だよ?』
 
『女が女を好きなんて気持ち悪いって思うけど!』
 
『女とか、男とかじゃない、もっと深い所で』
 
『今生じゃない、もっと昔、縄文時代とかから愛してて』
 
『あなたのために』
 
 
『あなたを愛してるから』
 
 
 
 
 
 
 
『だから、愛してるから、
 
(私の気持ちを確認する必要なんて全く感じずに)
 
  思わず(胸を)触ってたの!!』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…………
 
 
不思議なんだ。
 
 
 
 
 
『性的に触られるのが嫌だ』への答えに、
 
『貴方は魅力的だよ』って、なんなんだろう。
 
 
性犯罪者達は、
まるで慰めるように、励ますように、
私にいうんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
喜べと?
 
 
アナタに、
『性的に魅力的だ』と思わせ、
『性的に触れ』させた、
 
自分を誇れとでも?
 
(私は刻んで棄てたい)
 
 
 
 
 
 
不思議なんだ。
 
 
 
『愛してる!』っていえば、
愛のためならば、
 
何をしても『自分は悪く無い!』っていう絶大な自信は、
どこから来るの?
 
 
 
 
百歩譲って、
 
『自分が悪かったとしても』
『愛してるから、許されるはず!!』っていう自信は?
 
 
 
 
 
 
『自信なんて無い!』っていうかもしれないけどね。
 
 
『アナタの行動は性暴力です』
っていうと、
 
『私はただ、愛してるだけなのに!!』
 
って、涙ながらに、
切々と訴えられるっていうのはさ、
 
凄まじい、狂気の自信だと思うよ。
 
 
 
『ただ、愛してるだけ! 私は悪く無い!』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
……ああ、私、
 
恐ろしいんだ。
 
 
本当に、恐ろしい。
 
こわいよ。
 
 
 
 
 
 
弱さをひけらかして、
 
悪意なんて全く持たず、
 
『愛』こそが絶対的な免罪符であると信じて。
 
 
 
『愛という名の絶対的な免罪符』
という凶器を手に、『弱さ』を振りかざして迫ってくる女性達に、
 
 
 
何度も、踏みにじられてきたの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
か弱く傷付きやすい女性の性犯罪者達は、
 
楽しげに、軽やかに、
 
私の尊厳の上で踊るんだ。
 
 
 
 
私の尊厳を、踏みにじりながら踊るんだ。
 
 
 
 
 
 
『そこ、私の尊厳です』っていうと、
 
『そんなこと知らなかった!』っていうの。
 
 
 
 
 
『安心して踊れる場所だって、信じてたのに!』
 
って、
自分こそが裏切られた、
被害者だって、私を詰る人もいる。
 
 
 
 
 
 
 
 
いつから私の尊厳は、
 
アナタが土足で踊るためのダンスホールになったの。
 
 
私は、アナタを招いた覚えは、一切無いよ。
 
 
 
 
 
 
 
でも、私の尊厳が、
 
自分のために誂えられた、
 
土足で躍り狂えるダンスホールに見えた人がいるらしい。
 
 
 
 
こわい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ほんっとに、さあ。
 
 
 
『いくらなんでも、多すぎない?』
『ネタじゃね?』
『ってか、自分で呼んでんじゃないの…』
 
って、思いませんか?
 
 
 
 
 
 
私は、思います。
 
私に原因が、あるんでしょ?
私が、悪いんでしょ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ち悪い。
 
気持ち悪い。
 
気持ち悪い。
 
 
 
 
私が。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『女なんか好きじゃない、女性に』
 
『女としてでも男としてでもなく』
 
『しかし、性的に魅力を感じさせる存在』
 
 
それが、
 
私なんだって。
 
 
 
 
気持ち悪いね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は、
自分のこと、
女だと信じているけど、
 
だとしたら。
 
『女として好きだなんて気持ち悪い『女』 』
 
ってことかな?
 
 
 
 
 
(ちなみに私には、女性を愛する女性の友人が、います。
 
 素敵な人だよ。
 
 きもちわるい訳が無い。
 
 本当に、本当に、軽やかに、いろんな人の尊厳を、踏み抜いていくなあ…
 
 って、ちょっと、いっそ、感心した)
 
 
 
 
 
ああ、
 
気持ち悪い。
 
性犯罪者のことは、心底気持ち悪いよ。
 
 
 
だけど、それだけじゃない。
 
気持ち悪い。
 
気持ち悪い、私。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
……って。
 
 
ぐれて、拗ねて、ぐずぐず泣いてます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(だからね、
 
泣き始めたから、もう、解放に向かってるんだ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当日は、あまりにびっくりしていて、
 
『こわい』って、
『辛い』って、
 
解ってなかったの。
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、信頼してる友達が、
 
痴漢加害者からの怒涛の愛?の告白っていう責め苦から、
 
助けてくれて。
 
 
 
(いっぱいいっぱいで、自覚もしていなかった、
 
『もう聞きたくない!』『助けて!』って、
  
  私の心の悲鳴に、気付いてくれた)
 
 
 
 
 
信頼してる友達が、話を聞いて、
 
『怖かったね』
『嫌だったね』
『つらかったね』
 
って、慰めてくれて。
 
 
夜遅いのに、側に、いてくれて。
 
 
『旦那からでも、突然触られるのは、嫌』
って、教えてくれて。
 
 
 
 
 
それで、
 
『ああ、私、こわかったのかな?』
 
って、気付く、きっかけをもらいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昔の私なら、
 
 
『隙を見せた自分が悪い』
 
『嫌なことは、さっさと忘れよう』
 
『大したことない』
 
『私が我慢すればいい』
 
 
 
 
 
 
『私は、強いから』
 
そう、自分に言い聞かせてた。
 
自分のために、泣いたりしなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
って、まあ、今でもね!
 
 
思考さんという、私の中の男性性が、
 
『隙を見せるから!』って、
 
『世界は怖いところだって、知ってただろう?!』って、
 
ギャンギャンうるさい。笑
 
 
 
 
どんな時でも拳を固めて、
 
すぐに戦えるように、
 
隙を作らず、
 
緊張感を持って生きるべきだって、
 
叫んでる。
 
 
 
 
 
知ってるよ、思考さん。
 
貴方は、『私』の経験を覚えていて、
 
私をころさせないために、
 
私をまもるために、全力だった。
 
 
ありがとう、思考。
 
 
 
 
 
 
 
 
だけど、
 
世界は、美しいところなんだ。
 
 
ハグは、恐ろしいものじゃなくて、
 
ほっとできる、温かくて気持ちのいいものなんだって、
 
知ったの。
 
 
 
 
 
貴方は、女性らしいよ、って、
 
繊細さと強さを合わせ持ってる、って、
 
貴方から勇気をもらったって、
 
出逢えてよかったって、
 
 
 
やさしい言葉を、
 
やさしい想いを、
 
 
本当に、たくさんもらったの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今、ここで書いていることは、
 
今回のことが引き金だけど、
 
 
 
 
これまでの経験で、ずっとずっと、思ってきたこと。
 
 
 
……泣き足りなかったのかもしれん。
 
 
 
 
 
 
 
という訳で。
 
 
 
やさしい想い出を抱き締めながら、
 
もう少し、休みます。
 
 
 
 
 
少し経って
 
気が向いたら、どうぞ、また、見にきて。
 
 
 
 
帰ってくるから。
 
 
 
 
 
 
 
 
リネンのワンピースを買った時、
ラルフローレンで、もらった水。
 
 
 
『人の手に触れない水』


『太古の下水層から』
このことに、とても、とても安心して、飲みました。
美味しかった。
 
 
 
 
いつも、水道水なのにね!笑
(東京の水道水は美味しいんだよ!)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は、やっと、実感できた、
 
安心を、
 
安全を、
 
 
 
 
美しい世界を、
 
 
手放さない。
 
 
 
 
 
 
諦めない。