もりのくまさんのブログ 「神秘と驚異の心の旅」 “自分が変わる”という智慧とその方法

自分の人生をより良く生きて、より楽しく過ごすこと、それが世界の調和を創ります。
自分がしあわせになると世界がしあわせになります。

他に依存せず自らの言動と心を変える冒険の旅を一緒に始めましょう!

いざ!内界への旅へ。


テーマ:
初級講座8回目レジメ



   新しい生き方を考える初級講座

《 物から心に、そして魂へ 》





2013年11月24日 岡山県都窪郡早島町中央公民館於









《 人間が刻んだ足跡 》 2 〈 創造物 〉





〈 振り返り 〉


前回の7回目の講座では《 人間が刻んだ足跡 》の歴史の一端を垣間見ました。

人類は誕生以来争ってばかりいたのではないか、少なくとも、今歴史として判っている範囲ではこれは厳然とした事実です。

世界の歴史年表から“戦い”の二文字が消えたことはありません。





〈 争うエネルギーと存在を否定するエネルギー 〉


争うエネルギーは自己防御の想いのエネルギーであり、そのためには他を破壊する行為を誘発するエネルギーであり、自分に都合の悪い他者の存在を否定する想いのエネルギーにも繋がるものです。

そのエネルギー(意志)は数千年前と何ら変わることなく私たち全ての人類の底流を現在も流れています。

たった今も正にこのエネルギーの真っ只中であり、このエネルギーが作り出す現実世界をわたし達は生きているのです。

私たちの学びは、この存在否定のエネルギーに対する挑戦なのです。

しかしこの挑戦は存在否定のエネルギーの存在を否定し無くそうとするものではありません。

それでは否定の領域から出ることにならないからです。(ちょっとややこしいですがついて来てください)





〈 全ての存在を大切に出来る自分を目指す 〉


存在否定のエネルギーの存在を肯定し認めそして調御(ちょうぎょ)(調和をとりながらコントロールすること)出来る自分になることなのです。


全てはあっていいのです。

いや、なくてはならないのです。


翻弄されたり、呪縛されなければいいのです。

別の言い方をすれば全肯定する存在になることなのです。

わたしの信じる、好きな神様は『全肯定なる存在』なのです。

だからわたしの神は裁かないのです。最後の審判もしません。

それがわたしの好きな神であり、そうなりたいから目指すのです。





《 創造物 》

さて、今度は人間が創り出してきたものから人間の心の中を観察してみます。

あまりスピリチュアルなことに関心を持っていない友人と話をする時、うっかり精神的な話をすると「そんな当てにならないことよりも、まずご飯が食べていけることが一番大切。」という答えを貰うことがよくあります。

それも無理のない話で、明日のご飯が心配な時、ましてや子供などの家族を食べさせなければならないような時にスピリチュアルな話や未来の話などをする気にはなれないのは誰しもです。

わたし達にとって最優先事項はまず生きてゆくことでしょう。

生きていけなければ物事は始まらない、と多くの人が考えています。

だから生きることに役立つことに関心が集まり、想いのエネルギーが向けられ知恵が育まれます。

こうして食べ物を手に入れる手段が発達し、寒さを防ぐ衣服が考えられて、雨・風を避ける住居が造られました。

やがて、より速く、より力強く、より便利に快適にと次々に道具が工夫され機械が作られました。

(すき)(くわ)・網や釣り針からダムや土手・堤防、自動車、飛行機、新幹線などなど。

人間の都合のいいように、人間が快適に暮らせるように人間に合わせて自然を変え、周りの条件を変えてきました。

人間中心で、人間に都合のいいように目的を持ってそれを達成してきたのです。

そして今のような世界が具現しています。

もう十分なほど物質的には豊かになっています。

これからも、物の充足のみを目指す同じ古い生き方を選択するかどうかの岐路が来ています。

日本は世界の中で、最もゆとりを持って生きる条件が整った国のひとつでしょう。

今まで肉体生命を維持するという生き方にのみ一生懸命だった古い生き方の時代から、心から魂へと目指すものが違う新しい生き方を選択できるチャンスがきています。





自分で自身の運勢・運気を強める生き方

第一段階

1.人の悪口を言わない。

2.人を(さげす)まない。

3.人を嘲笑しない

4.人を馬鹿にしない。

5.人を責めない。

6.人を非難しない。

7.人を恨まない。

8.人を憎まない。

9.愚痴・泣き言を口にしない。

10.不平不満を口にしない。

11.心配事を口にしない。

12.おべっかを口にしない。

13.人を自分の思い通りにしようとしない。

14.何でも欲しがらない。

15.他をあてにしない。









《 自分の人生の本当の目的 》





私たちは何の目的を持って生まれ、どのように生きて、どこに還ってゆく存在なのか?





〈 自分の人生の本当の目的に気付くことの大切さ 〉


その1、信じると言うこと





来月は上記のテーマに取り組みます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初級講座7回目レジメ

   しいえる初級講座

《 物から心に、そして魂へ 》

2013年10月27日 岡山県都窪郡早島町中央公民館於

《人間が刻んだ足跡》

先月の講習ではわたし達がどの様な世界に生きているのかを学びました。

地球がどんなにとんでもない速度で自転と公転をしていることや、自分の体の中に数百兆の生き物が生きていることなどまだまだ知らないことが山とあることを学びました。

更に物理的な世界だけではなくて、どんなに望遠鏡や顕微鏡が進化しても目に見えない世界が存在していることも勉強しました。

物質世界のことでさえ分かってないことが多いのですから、目では見えず耳でも聞こえない心の世界のことはまだほとんど知らないといってもいいでしょう。

でもまだ信じられないほど沢山の知らないことがあることも分かってきました。

これはもうじたばたせずに腰を据えて、まず色々なことを学んでゆくことではないでしょうか。

幸いわたし達には無限の時間があります。

新しい生き方を手にするまで、ひたすら真剣に自分や世界を知ることに努めましょう。

さて、今回のテーマは人類が生まれて現在まで刻んできた歴史を少し考えていきます。

我々の直接の祖先が誕生してもう20数万年経つと考えられています。

われわれの文明が発祥してからでも数千年が経っています。

数万年以上前のわれわれのご先祖さまが何を考え、どのように生きていたのかは分かりませんが数千年前ぐらいなら遺跡とか記録とか何とかの研究が進んできたので人間がどの様な歴史を歩んできたのかが分かる様になりました。

それによると数千年前からの我々人類の歴史は戦争ばかりしています。

生きていくための領土のぶん捕り合戦です。

数千年間も歴史年表を戦争で塗り潰してきました。

古い生き方を数千年間繰り返してきたということです。

そして今も尚それは世界中で繰り返されているのです。

世界が戦いを望んでいる訳ではありません。

多くの人は平和を望み願っていると思います。

それなのに何故平和で仲良く暮らせる世界にならないのでしょうか?

それは平和になる方法をまだ知らないのです。

もっともっと生活が豊かになれば解決すると考えて頑張ってきたのでしょう。

確かに、生きるに難しい現状であれば争奪戦だって起きるでしょう。

日照りの時の水戦争などはその類です。

日本でも大きな飢饉があり沢山の餓死者が出たこともあります。

天災を避けることは出来ないことは東日本大震災や伊豆大島の土砂崩れをみても歴然です。

だからと言って戦争にはなりません。

むしろ逆に助け合います。

人間の中に何か相反するものが存在しているのです。

もしあなたが世界の平和を望むなら、まず自らの心を平和にしなさい

この金言を心に刻んでおきましょう。

どのようにすれば心を平和にすることが出来るのかは中級講座で学びます。

自分で自身の運勢・運気を強める生き方

第一段階

1.人の悪口を言わない。

2.人を(さげす)まない。

3.人を嘲笑しない

4.人を馬鹿にしない。

5.人を責めない。

6.人を非難しない。

7.人を恨まない。

8.人を憎まない。

9.愚痴・泣き言を口にしない。

10.不平不満を口にしない。

11.心配事を口にしない。

12.おべっかを口にしない。

13.人を自分の思い通りにしようとしない。

14.何でも欲しがらない。

15.他をあてにしない。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

初級講座6回目レジメ

   しいえる初級講座

《 物から心に、そして魂へ 》

2013年9月22日 岡山県都窪郡早島町中央公民館於

[今日のテーマ]

わたし達はどの様な世界に生きているか。

《物理宇宙世界》

わたし達は周囲4万キロ程の地球と名付けた太陽の周りを回る球体の星の上に住んでいます。

表面の約70%は水に覆われ、残りの陸地の25%を緑の植物が占める青色に輝く美しい星です。

わたし達はこの星で約500万種の動物・植物と共に生きています。

この星は約時速1500kmという音速(時速1200キロ)よりも速く

自転しながら、太陽の周りを約時速10kmで回っています。

これは秒速で換算すると秒速28kmです。

ちなみに人類が今まで造った一番早い乗り物はスペースシャトルで秒速8kmです。

地球はもちろん宇宙空間に浮いていて、ある星の集団に属しています。

その集団を天の川銀河系と名付けているのです。

天の川銀河系は、直径が約10万光年の渦巻き状の星の集団です。

そこには数千億個の恒星があり、宇宙には数千億個の銀河系が存在するそうです。

そしてこの宇宙の大きさは直径が150億光年ということで、当然のことながらその大きさは想像も出来ません。

400年前に望遠鏡が発明されて以来、宇宙の歴史は今までの想像の世界から新しい次元に入り新しい発見が相次ぎました。

最近の科学技術の発達は宇宙空間に望遠鏡を打ち上げて、更に今まで見えなかった世界を観察して新しい世界を拡げています。

《わたし達の生きているもうひとつの世界》

望遠鏡の発明と時を同じくして顕微鏡が発明されています。

顕微鏡の発明は人間の目を星ぼしの宇宙だけではなく、身近な肉眼の世界を新しい発見で新しい世界を拡げてくれました。

今まで悪魔の仕業だと考えられていた疥癬などの病気の中に虫を見つけた時にはびっくり仰天したことでしょう。

今では宇宙の構成要素である原子まで観ることができます。

わたし達人間が60兆個の細胞の塊であり、更にその肉体に何百兆個の他の生き物が住んでいることもわかったのです。

それどころか遺伝子までも解析が進んでいます。

でも未だに身体の中に心を発見することは出来ていません。

いずれ見つかるのでしょうか?

《わたし達の生きている更にもうひとつの世界》

・先般わたしの知人が問い掛けてきたこと。

「なぜ人間には運のいい人と悪い人がいるのか?

何故、恵まれた人と不幸な人がいるのか?

生まれつき身体が弱かったり、障害を抱えていたり、私のように弱視で自動車の免許証もとれないような人間がどうして生まれるのか?

知りたい。

東日本大震災でもあの大津波に何故遭う人と遭わない人がいるのか?

神様なんか本当に居るのか?」といった趣旨のことでした。

気持ちは良く分かりますよね。

人類が発祥して以来持っている疑問だと思います。

まさに、そのことについての解答を求めてきた歴史だと言っても過言ではありません。

しかし宇宙の果てが分かっても、ヒッグス粒子が発見されても、癌基幹細胞の発見があってもその解答はえられるでしょうか。

わたし達の講座はまさにそのための講座です。

心を発見し広め深めることで解答をえようとするものです。

終わりに2500年前に遺してくれた言葉を記します。


三つの自覚

○ 忍土の自覚 (“この世は耐え忍ばなければならない世界である”という覚悟をする。)

○ 愚かさの自覚 ("わたしはまだ大事のことを沢山知らない”という自覚を持つ。)

そして○ 恩恵の自覚 (さて恩恵の自覚とはどの様な自覚でしょうか?)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。