自費研フェス2018 その3 Pro-Hypは繊維芽細胞の遊走能を高める | 118歳も夢じゃない!抗加齢専門歯科医が教えるアンチエイジングの秘密

118歳も夢じゃない!抗加齢専門歯科医が教えるアンチエイジングの秘密

健康な人生を満喫している人は歯科と上手に付き合っています。歯科医師として日本初のアメリカ抗加齢医学会認定医が、歯科とアンチエイジングの意外な関係について語ります。


テーマ:

皆様こんにちは。栄養を科学する抗加齢歯科医、森永宏喜です。

 

9月2日、都内五反田・TOCメッセにて開催の「自費研フェス2018」でプレゼンターをつとめました。

 

100社を超える企業展示とともに多くのセッションが開催されましたが、その一つが私と佐藤健司・京都大学教授が担当した「コラーゲンペプチドの歯科への応用」でした。

 

 

前回投稿で、コラーゲンに特有のペプチドである「Pro-Hyp」は分解されることなくそのままの形で血中に移行することをお話しました。

 

「そうなのね。コラーゲンの材料としては有望ですね」

 

と思われたかも知れません。でも、それだけじゃないんです。

 

身体の中で炎症があったり傷がある部分では、その過程でコラゲーンの分解が起こりPro-Hypが生成されます。

 

糖尿病は傷の治りを悪くすることが知られていますが、糖尿病のマウスの傷ではPro-Hypが余り作られません。ところが、そこにPro-Hypを補充してやると傷の治りが良くなることが分かりました。Pro-Hypが傷の治り(創傷治癒)に重要な役割を果たしていることが考えられます。

 

また、創傷治癒のプロセスに不可欠な役割を果たす「繊維芽細胞」の働きPro-Hypが促進することも確かめられました。

マウスの皮膚の創傷治癒部位での繊維芽細胞遊走

左:添加なし 右:Pro-Hyp添加

ProーHyp添加では遊走する繊維芽細胞が増加している

PMID:19128041 より引用改変

 

何も加えない、プロリン(Pro)単独添加、ヒドロキシプロリン(Hyp)単独添加に比較して、Pro-Hypペプチドを添加した場合は明らかに傷の治癒部位に集まってくる繊維芽細胞が増加します。

 

PMID:19128041 より引用改変

 

外科的治療をする機会がとても多い歯科臨床では創傷治癒を促進することは重要なテーマ。注目する必要がありそうです。

 

 

アンチエイジング専門歯科医が教える『本当の健康』を手に入れるためのメール講座 ※受講者特典有り※

 

★学際企画で講演します(9/30福岡・10/14大阪・10/28東京)★

Webからお申込み

パンフレットはこちら

 

統合医療展2019 昨年に引き続き講演します★

 2019年1月23~24日(詳細は後日発表)

 

栄養を科学する抗加齢歯科医さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります