剱岳北方稜線

テーマ:
9月18.19日と 剱岳北方稜線へ 行ってきました。

8月に池の平小屋にお手伝いに行っていた時に、皆さんが北方稜線に向かうのを見てて どうしても行きたくなったから。

バリエーションルートで 時間もかかるし 道が明瞭ではないから ルートファインディングが 必要な道。

一旦向かい出したら 戻ることも難しいところです。
力尽きたり 迷ったら ビバークも必要かも

しかし、歩き通して登頂して 下山したい。

8月に心の中に 湧き出した 登頂への願いは 一ヶ月たって 叶う事になりました。
私の周りの男子は 皆んな高所や 岩が苦手。
一緒に行って〜〜って いっても 誰も手を挙げてくれない。

半ば諦めていた時  昨年 立山を一緒に登った ニューヨーク在住の お友達が こちらに 帰郷していて 一緒にボルタリングや ランニングを一緒にした。
この子しかいない!!と  
一緒に行ってもらう事にした。
彼女は、今回約1ヶ月休みを取ってきて、
槍から穂高岳の 縦走や  剱岳のバリエーションのクライミングをしていた。
健脚で うってつけ。
私の方がヘタレ。

さて 
18日火曜日は ピーカンの中
室堂から一路、池の平小屋へ

劔沢雪渓
1ヶ月ぶりの小屋番さん
一緒に行ってくれた綾子さん
小窓雪渓
小窓雪渓
小窓の王
池ノ谷ガリー
ポーズをとる綾子さん
登頂できました

劔沢あたりからの 剱岳


ルーファイは なかなか 難しく
 この岩を登った先はどうなってんの?
登るの?下るの?どっち方面?

と いう場面ばかりで 

楽しかったんだけど  余計な時間ばかりかかってしまった。

でも 歩きながら楽しくて楽しくて仕方なかった。



登頂からの 下りは気力無くしてしまい 
ゆっくりの下りに なってしまい、

剣山荘からは かなりハイスピードで いかないと 最終バスに間に合いそうになかったから
私は 天狗平山荘に 宿泊予約をした。

綾子さんは 翌日予定があるし、
走り通して なんとかギリギリバス時間に間に合ったそう。やはり 健脚、すごいな。

私はもう一回リベンジして 迷いなく 頂上まで いって、次は早月尾根に下ろうかな(o^^o)