交通事故弁護士ブログ

自賠責関連3000件、示談関連1000件の実績と
30年を超える伝統の法律事務所です。

http://morilaw-jiko.com/

[TEL] 03-3553-5916
(お電話のさいは、交通事故の件でおかけいただいていることを最初にお伝えください。
専門部につなぎます)


テーマ:
森法律事務所交通事故チームは、自賠責関連3000件、示談関連1000件の実績と30年を超える伝統の事務所です。
http://morilaw-jiko.com/

[TEL]03-3553-5916(電話のさいは、交通事故の件での電話であることを最初に告げてください。専門部につなぎます電話していただければ、すぐにレベルの違いがわかるはずです電話相談は無料です。交通事故悩んでおられる方は、お気軽にお電話ください。


画像所見としてMRI検査は、ひんぱんに出てきますが、弁護士で、このMRI画像を一見するだけで問題点を把握できる方は、そういないはずです。ホームページやブログなどで、自分がMRI画像を判読できるかのごとき記述をよく見かけますが、もし、事実としたら、それはスーパーマンみたいな弁護士です。というのは、レントゲンやCTと異なり、撮影したMRI画像から異常などを判断するのは、プロの整形外科医でも難しいからです。



MRIの原理については、以前のブログで述べたとおりです。

http://ameblo.jp/morilaw/entry-11481853252.html

http://ameblo.jp/morilaw/entry-11486556526.html


要するに、体内にある水素分子の動きを把握することで、その動きから、その部位の状況を把握しようというものです。
その方法というのは、体内にある物質の何かを強調することで、強調する部分は白く表現され、それ以外は、黒く表現するという手法です。例えば、極めて大雑把にいうと、T1強調画像では、水分以外の脂質等が強調されるため水分は黒く、T2強調画像では、水分が強調されるため水分は白く表現されます。



[適切な選択]

しかも、MRIというのは、T1強調とT2強調だけではありません。ほかにもSTIR・脂肪抑制、T2WIT2*、FLAIR、拡散強調画像など、色々とあります。また、脂肪抑制の中でもSTIR以外にCHESSやSPAIRなどもあり、それぞれが長所と短所があります。医師は、このたくさんのMRIの中から何を強調する手法を選ぶかを選択しなければなりません。素人には、この違いが何なのか、なかなか理解できません。普通の外科医でも無理です。




[適切な読影]
医師は、この白黒の割合で写真から体内の異常を読み取ることになります。白が多いとか黒が多いとか、そういう白黒の割合で、病変をみつけるわけです。しかも、白黒とは言っても、濃い白と普通の白、黒との中間のグレーもあり、そこにMRI自体の進歩に伴い撮影方法が複雑化したため、外科医ならだれでも正確に読影できるものではなくなっています。というか、普通の外科医では判読できません。



[アナタの場合]

アナタが通院している外科医にMRIがあるでしょうか?

あればよいのですが、あれは、とほうもなく高い機械ですから、普通の外科病院にはありません。

ですから、アナタが、主治医の先生にMRIを頼んでも「不要です」の一言で蹴られてしまう場合が少なくありません。

この点を突破しても、病院に施設がない以上、外部にMRIの撮影を頼むことになりますが、紹介先は、撮影して、それで終わり。紹介先は、主治医の病院に画像を郵送するだけというパターンが結構あります。主治医は、その画像を見て判読することになりますが、現実には、なかなか判読できません。

なかには、撮影先の専門医が整形外科にレポートする場合もありますが、簡略的なものが多いですね。

こうなると、MRI画像がきちんと見られないまま、症状固定・後遺障害診断書の発行に至ってしまう事もあり、せっかくのMRI画像が無駄になります。



しかし、後遺症によっては、どうしても、MRIの画像が必要になる場合があります。そういう場合は、素直に先生に、MRIの専門医を紹介してもらい、そちらに転院することも視野に入れたほうがよいとい思います。




[注意点]
MRIには、色々な撮影方法があり、どれもが治療には有効有益なのでしょうが、だからといって、全てが後遺症立証に有効とはかぎりません。例えば拡散テンソル画像などは、高次脳機能障害の確認は有益なようですが、裁判所は、現時点では、立証手段としては、信用していません。















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

森 公任さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。