森貴美子オフィシャルブログ「モリキミニッキ☆」Powered by Ameba

★森貴美子 出演情報★




NEW書籍「森きみのパンダイアリー 毎日がパン日和」
  2017年4月25日 文藝春秋より好評発売中★
  全国書店、Amazon にて販売中★

NEWwebマガジン「パリマグ」のインタビューページ 出演中★

NEWwebウーマンエキサイト「やさしいママのヒミツ」
森きみが愛用しているサラヤのヤシノミ洗剤シリーズ。
原材料に使われているパーム油にまつわるストーリーを追い、
常夏の島ボルネオを旅した記事がアップされています。

NEW雑誌「リンネル」 8月号(6/20売)出演中★

NEW雑誌「nina's」7月号(6/7売)出演中★

NEW雑誌「サンキュ!」にて、
  連載「森きみちゃんが今、着たい服」好評連載中★




★書籍『森きみの毎日の家事が楽しくなるシンプル暮らし』発売
発行:PARCO出版
価格:¥1400(税別)



★フォトエッセイ『humming life』発売中

発行:マーブルトロン/発売:三交社

価格:1600円(税別)

 $森貴美子オフィシャルブログ「モリキミニッキ☆」Powered by Ameba-ipodfile.jpg



★フォトブックICELANDIC HONEYMOON」発売中

 発行:マーブルトロン価格:2,100円(税込)

 $森貴美子オフィシャルブログ「モリキミニッキ☆」Powered by Ameba



★フォト&エッセイ集『森きみタイム』発売中

 出版社: 発行 マーブルトロン/発売 中央公論新社

 価格: 1575円(税込)
$森貴美子オフィシャルブログ「モリキミニッキ☆」Powered by Ameba



★書籍『森きみのハッピーエブリデイ』発売中
出版社:集英社
価格:1200円(税別)







≪ファンレター宛先≫

〒107-0062
東京都港区南青山5-8-1 セーヌアキラ3F

株式会社イデア




森貴美子ファンレター係り まで。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

東大門市場でバッグ買いました。レポ

この前の渡韓で、ひっっっさしぶり(20年ぶりぐらい?)に東大門市場に行きました!


ひとつは生地を探してきてとスタイリストのお友達からお願いされていたので、テキスタイルが充実した市場に行ったのと、あとはバッグ売り場南平和市場(N.P.H)に行ってきましたよ〜〜ウインク


N.P.Hは基本的に深夜24時〜昼12時にオープンしているので(時期によって変わるそうなので、行く前は必ずチェックを!)深夜ショッピングし終わってタクシーに乗るのが心配な私は(日本でもほぼタクシー乗らない・・・)、朝の8時ぐらいに行ってきました!



店員さんが居なかったり、眠そうだったり(笑)の時間ですが、ちらちらと個人のお客さんもいて、その半分は日本人女性だったので、勝手に気配を感じてはちょっと安心していましたおねがい



なにせ東大門市場に来るのはうんと久しぶりな上に、前は仕事で通訳さんがしっかりついていたので、完全独りショッピングの私は少々ドキドキ。



いざ、NPHの建物に入ると・・・



{1BE4CBB6-EF0B-48AD-8567-9FE06E9117C0}


どこを見ても、バッグ!バッグ!バッグ〜〜ポーンポーンポーンポーン


洋服も靴も見た当たらず、完全にバッグばかり!


しかも似たようなお店がだいたい碁盤の目にひしめき合っているので、通った道がわからない(笑)



とりあえず、1階、地下一階とばーっと見て
気になったものの値段をお店の人に聞いてみることにしました。



さすが市場だな〜面白いな〜〜と思うのが、同じ商品なのに(同じ商品が違うお店に置いてあるのはよくあることのようです)お店によって全然値段が違うところ(笑)

ある商品がAのお店で聞いたら、日本円で1,500円のところもあり、B店は同じものが1,000円で少しまけてくれるともいう。なのにC店では4,000円!と大きく出てきたなぁ〜〜滝汗という値段だったり。


なので時間的&気力的に余裕がある時の方が市場をくまなく回り値段比較ができるので、元気な時に行くのがオススメですウインク




ちなみに、完全にバイヤー向けのビジネス対応のみのお店もあるので、まず値段を聞く前に「ショッピングOK?」と聞いてみると、その後の話がスムーズになりやすいと思います照れ




それで、市場の醍醐味が価格交渉!

まったく応じないお店もあれば、2個かったら少しおまけできるよ〜と、こちらが買う数を増やしてくるお店もあれば、1つでもまけてくれるお店もあります。

とりあえず言うのはタダなので、私は一応値段交渉する派ですくちびる


日本人のお客さんが多いからか日本語が通じるお店もたくさんありましたが、価格交渉する時の韓国語ひとことフレーズがこちらバイバイ


     韓国 깍아주세요〜〜お願い(カッカジュセヨ〜〜)です。

言うのはただなので(笑)値段を聞いたあとにぜひ使ってみてください!


今回日本円で1,400円ぐらいのバッグを1,200円にまけてもらい購入したバッグがこちらですウインク



{7991C5DD-04D2-4384-A9D5-F9D9088B8ECC}

明るめの茶色の長財布がすっぽり入る、ショルダーにもなるバッグです。




{248EB445-9EB8-4D50-8F2E-5B5014D7120A}

内側にもミニポケット付き。




{4BBAF8D2-484E-482D-84E0-7210675EEE66}

ショルダーにもなるバッグを探していて、色はこのように明るめの茶色、縦長横長は問わず。と、自分の中で目的を決めていったので、割と早くみつかりましたチュー


莫大な数のバッグが所狭しと陳列されているので、だいたい欲しいタイプのバッグを頭の中で思い描いて行くと、だいぶラクかと思いますキラキラ



このバッグにつけるためのファーも買いました。(800円ぐらい)

{C912E504-08BD-406E-B9D1-6C37CBAADB27}


一見なんのこっちゃのファーですが、内側がぐるりとマグネットになっていて

{A336814D-B35D-458E-8B50-E1DC8BF0451F}


ハンドルをこんなふうにファーで冬っぽくできるんですUMAくん




{07DA2AF9-8755-4006-AD81-9107A3DBC6F2}


これからせっかく冬なので、冬っぽくファーをつけてみました雪だるま



{1B09054D-A4DC-4A2C-B80B-2E70B937AD20}


このファーも色んな色があって、バッグの色と合わせてひとつから買うことができました




合わせて2,000円のバッグ!



久しぶりの東大門市場(しかもひとり)だったのでちょっと心配でしたが、しっかり目的のものも買え、多分お世辞だけど「韓国語じょうずね!」とお店の人に誉めてもらい勉強した甲斐があった〜〜と嬉しかったですキラキラ




以上、東大門市場レポートでした










1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>