Part.2【Restart~再出発〜】曲紹介! | げんたブログ

げんたブログ

長崎県出身。日本全国で活動するプロのシンガーソングライター もりげんたの公式ブログです。


テーマ:
Part.2【Restart~再出発〜】曲紹介!

全13曲に込めた想い、曲が生まれるキッカケ、歌詞など1曲ずつ綴っていきます。
11月の発売までの公開予定はこちらに♪
http://ameblo.jp/morigenta/entry-12193004041.html

2曲目は・・・Restart~再出発〜

喜多川泰さんに作詞いただいた曲です。
そう!
映画にもなったbest-seller小説
「また必ず会おう」と誰もが言った
http://matakana.jp/
の作者の喜多川泰さんばい。






2011年の震災から数ヶ月経ったある日
福島市の【NPO法人チームふくしま】仲間から連絡ばもろーたとです。

『げんちゃん。作家の喜多川泰さんって知ってる?
喜多川さんが僕たちのために詩を書いてくれるんだけど、げんちゃんが曲をつけてくれない?
その曲を応援歌として歌ってくれない?』

もちろん!喜んで!!

皆さんもご存知の通り
東北各地や今は熊本や大分の震災の被害地、また茨城や北海道などの洪水の被害地でも
それぞれの場所で形で頑張るたくさんの人たちのおられます。

すべての人たちに贈るエールとして
喜多川さんが提供してくださった歌詞と想い。

NPO法人チームふくしまの
福島に元気と希望を咲かせる素敵なプロジェクト
福島ひまわり里親プロジェクトの応援歌として
福島だけじゃなく、東北だけじゃなく、日本中の想いも優しさも

どうぞ受け取ってください。

Restart-再出発- (作詞・喜多川泰 福島ひまわり里親プロジェクト応援歌)
福島復興 ひまわり里親プロジェクトHP
http://www.sunflower-fukushima.com


・・★・・☆・・☆・・★・・☆・・☆・・

Restart ~再出発~  作詞・喜多川泰 作曲・森源太 



「さよならが一番いいね」と 
君が別れ告げたいつかの公園

今、横目に見ながら 
ひと気のないシャッター通りを九年ぶりに歩く



変わり果てた静かな街で 
あの日の面影探してみても

もう戻れないと 気づいていたけど 
故郷(ここ)に帰ってこようと決めた



あの頃は 目の前の 本当に大切なことに
気づかずに
誰かの せいにばかりして生きていたけれど


小さな僕の命で 
できることがあるなら

逃げずに、前に行きたい 
微笑みながら




本気になって生きることが 
「かっこわるい」とスカしていたけど

いつでも本気じゃなけりゃ 
愛す人さえ 護ることができないと知った

」

結局は どこにいても 僕はいつでも僕と一緒だから

自分自身が 変わらなきゃ 誰も幸せにしてくれやしないのさ



瞳、閉じればそこに 
あの日の街が見える

過ぎ去りし思い出が涙さそう

けど 

瞳、閉じればそこに 
あの日の君が見える

自分の力信じていいと微笑む



小さな僕の命じゃ 
大きなことなんてできないかもしれない
それでも
この街で希望の種 蒔いて生きるよ

La La La

・・★・・☆・・☆・・★・・☆・・☆・・


2016年11月発売のニューアルバム【I’m HOME】
収録曲等の情報や予約方法、予約特典についてはこちらに
http://ameblo.jp/morigenta/entry-12177465744.html


森源太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス