収録曲紹介その1 【心の指す方へ】 | げんたブログ

げんたブログ

長崎県出身。日本全国で活動するプロのシンガーソングライター もりげんたの公式ブログです。


テーマ:
ニューアルバム【I’m HOME】収録曲紹介!
全13曲に込めた想い、曲が生まれるキッカケ、歌詞など1曲ずつ綴っていきます。
11月の発売までの公開予定は
こちら に♪

・・★・・☆・・☆・・★・・☆・・☆・・

●ニューアルバム【I’m HOME】●
全13曲入り 2700円(税込) 2016年11月11日発売
予約方法、特典については
こちら

・・★・・☆・・☆・・★・・☆・・☆・・



まず1曲目は・・・

【心の指す方へ】

奈恵ちゃんっていう女の子のおってね。
奈恵ちゃんはプロのバレリーナになるっていう夢のあって。
中学卒業と同時に一人きりでヨーロッパへ。

バレエの本場である場所へ
世界中のプロ志望の子たちの中に飛び込んでいったとよ。

言葉も文化も、何もかもが異なる環境の中で
一生懸命に、本当に一生懸命に闘う一人の女の子。

もちろん嬉しさもやりがいも充実もあったろう。
そして、苦しさは不安や悔しさ、辛さも同じだけ、もしかしたらそれ以上にあったろう。

大阪のご両親や兄弟と
インターネットの無料通話スカイプでパソコンの画面ごしに話す日々。

ある時、お父さんが教えてくれたとよ。
パソコンの画面の向こうの奈恵ちゃんが

突然泣き出したり、泣きながら笑い出したり
きっと、高校生の女の子にとって
簡単には受け止めきれんほどに、心のいっぱいになるほどに
本当にいろんなことのあったとやろうね。

手の届かん場所におる愛する大切な娘さんの、その姿に
お父さんもお母さんも、どれだけ苦しかったろう。辛かったろう。
歯がゆかったろう。

それでも。
帰っておいで
とも
もうやめなさい
とも一度も言うことはなく

ずっと言い続けたとって。

私たちは奈恵の味方だから。
君が決めたことなら全力で応援するから。支えるから。
だから。
自分の納得のいくまでやりなさい。
私たちは君の味方だから。

数年後、奈恵ちゃんは向こうのバレエスクールば卒業してね、
プロになるためにヨーロッパ中のいろんな国のオーディションば受けたとって。
時に踊りば見てもらえることすらもなく
アジア人やけん日本人やけん、ただそれだけの理由で勝負もさせてもらえん時もあった。

それでも奈恵ちゃんは諦めんかった。
17ものオーディションの後、最後と決めたオーディションに合格。

ついに一人のプロバレリーナとして
ドイツという遠く離れた場所で、自らのその足で一歩踏み出したとよ。

2016年の今、奈恵ちゃんはプロバレリーナとしてヨーロッパで努力と活躍の毎日の中に。

いつも、オイは中学校や高校で講演するときに
この奈恵ちゃんの話ばしてから、心の指す方へも唄うとよ。

そんときにいつも言うこと。

奈恵ちゃんの姿は素晴らしかよね!かっこよか!!
夢ば見つけて、そこに向かって勇気も振り絞り努力も重ねる。
本当に素敵なことよね。
ただね。
奈恵ちゃんと同じだけ、奈恵ちゃんのお父さんお母さんの在り方も素晴らしかって思うとさね。

愛してくれる人のおる。
信じて見守り続けてくれる人のおってくれる。
100%味方でおってくれる人。
お父さんお母さんにとっても、どれだけの勇気の要ることやろうか。

心から尊敬する、感動する
親と子の在り方に、少しでもの感謝の想いとエールが伝えられれば
その気持ちで贈らせてもらった曲

それが、この
心の指す方へ
という曲です。

プロバレリーナ西村奈恵ちゃん。
そしてお父さんの西村貴好さん。
西村貴好さんこと、日本中で世界中で活躍する『ほめ達』西村さんその人。

人として、親として、男として
心から大好きな人に贈らせていただいた曲です。

この曲に出てくれる
『君』は、アナタ自身のこと。
『僕』は、アナタのことを愛してくれるたくさんの人たちのこと。

どうぞ、心で受け取ってください。



・・★・・☆・・☆・・★・・☆・・☆・・

心の指す方へ



どんな今でも どんな明日でも どんな道でもいい 幸せでいてくれるのならば 
 
あの頃はまだ何もなくて 必死でもがき疲れ果てたどる家路 真夜中
その小さな手のひらと寝顔を見つめてた まだ頑張れる って何度も、何度も救われた
気付けば背の高さも変わらなくなった頃 心の中見つけた道を初めて聴かせてくれた
ぽつぽつと俯き話す震える声、言葉に ただ頷くだけで応えた やがて旅立つ君を信じた


歯を食いしばり 涙を堪え 唇噛み締めて そこで君が闘っていること
僕は知っている 誰かが見つめてくれている 今はまだわからなくていい 君は幸せに向かってる


こんなにも広い世界に生まれ生きてきて 
限られた時間(とき)の中 触れるモノが全てではなくて
頼りなく揺蕩(たゆた)う舟で 海原に漕ぎ出すように
どこまでも自分らしく在ればいい 心の底の針の指す方へ

パソコンの画面の向こう遠い空の下 狭いアパートに揺れてる そこで選んだ暮らしが
笑いながら泣いている 君に何が言えるだろう 胸が潰されそうで そして君を誇りに思う

もしも一人じゃ辛すぎて でも誰にも言えなくて
悩んで悩んで決めたなら 逃げても負けても構わない
いつだって僕は信じてる 何があっても君の味方だ
まだわからなくていい 君は幸せに向かってる

歯を食いしばり 涙を堪え 唇噛み締めて そこで君が闘っていること
僕は知っている 誰かが見つめてくれている 今はまだわからなくていい 君は幸せに向かってる


どんな今でも どんな明日でも どんな道でもいい
幸せでいてくれるのならば この身すら捧げよう



・・★・・☆・・☆・・★・・☆・・☆・・

2000枚のご予約をいただくことを目標としています。
それだけの自信を持てる作品となります。
それだけの想いを込めた、意味を持った曲たちです。


一人でも多くの必要としてくれる方の元に届けることができますように。
一枚、二枚とたくさんのご予約を心よりお待ちしております!!

予約方法、特典については 

http://ameblo.jp/morigenta/entry-12177465744.html


森源太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス