いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 

 東洋医学の独特な思想、考え方で、ざっくり言うと(これを他の先生方に見られたら、キッツく叱られるでしょうが)どれが出っ張っているか、または凹んでいるのか、じゃあ、出でっ張っているからそこを削ろう、または凹んでいるから足してやろう、で私の場合、問診や触診、脈やお腹を診てどこの経絡に変動があるか調べます。

 

 それでこの経絡だな、となるとそこへ鍼を刺します。これが正解だと真っ平らになりあらゆる身体の変調が整い、治る、というものです。

 

 経絡とは気血()キケツ、気は形がないもの、血は形はある、二つとも身体の中を流れるエネルギーみたいなものが流れる道筋、どこかで流れが滞ると病気になる、という概念です。

 

 う~ん。コイツの言っている事はかなり怪しいな、そう思われた方は多いと思います。しかしこれで良くなる方も現実にいらっしゃいます。

 

 以上の事を月一で札幌で勉強させてもらってます。もっともっと勉強して胸を張っていえるように励みます。

 

北見市北4条西6丁目

TEL0157-26-7024

森出治療院 森出 孝一

ホームページはこちら https://www.moride-chiryoin.com/