北海道を節水する!  最大節水率95% Bubble90 (バブル90)は北海道を節水します

北海道を節水する!  最大節水率95% Bubble90 (バブル90)は北海道を節水します

.
.
節水で、皆様の経費やコストの削減をお手伝いするとともに
北海道の豊かな自然のために水資源を守ります



テーマ:

たびたびメディアで取り上げられているBubble90ですが、

 

TBS 12月9日 よる7時から放送

「坂上&指原のつぶれない店」 に

Bubble90 を開発&製造した「株式会社ディージー・タカノ 」が登場します!!

 

番組HPは こちら ↓

https://www.tbs.co.jp/tsuburenai-mise/

 

倒産危機に直面していたガス部品工場の株式会社ディージー・タカノがBubble90を開発し、ヒット商品となった魅力について放映されます。

 

是非ご覧になって下さい!!

 

 

 
◆その他の記事は こちらから ⇒ テーマ一覧ページへ

 


モリカラ北海道株式会社

  〒085-0013  

  北海道釧路市栄町7丁目2番地 産光ビル

​  TEL.0154-65-9633 

  FAX.0154-65-9688 ​​          

  E-mail: bubble90@moricara-hokkaido.jp

 ◆Bubble90 HP

 https://bubble90.moricara-hokkaido.jp/

 

​弊社は、株式会社ディージー・セールス社の正規代理店です。

製造元:株式会社ディージー・タカノ     

総販売元:株式会社ディージー・セールス


テーマ:

Bubble90を使って洗い物をされてるお客様で

「水量が足りないので洗い物がはかどらない」と言われることがあります。

 

みなさんはお皿を洗ったあと、洗剤の泡をすすぐときどのようにしていますか?
 

これは恐らく今までの習慣だと思いますが、右利きの人の場合。

 

左手で皿を持ち

水道の水が流れてくる下で

右手でお皿をこすって泡を洗い流す


と言う動作をしている方が多いのではないでしょうか?

 

この方法でお皿を洗い流すと・・・。

 

 (写真はBubble90を取り付けていないイメージ写真です)


蛇口から出てきた水は、手の甲に当たります。

そして、手の甲を伝って落ちて行きます。

 

Bubble90の脈動流は、玉状になったたくさんの水の粒が対象物に連続して当たることで、少ない水量でも水圧を維持しています。

 

と言うことは、

 

手でこすらずに

 

蛇口から出た水が、直接お皿に当たるようにすると・・・

 

 (写真はBubble90を取り付けていないイメージ写真です)

 

水流の勢いで、泡は弾かれて流れて行きます。

 

今までとは少し作業手順や、慣れたやり方とは違ってきますが、

・節水効果を最大限に生かして

・ストレスなく日々の作業を進めるために

ほんの少しだけ、試してみて頂ければと思います。

 

 

 
◆その他の記事は こちらから ⇒ テーマ一覧ページへ

 


モリカラ北海道株式会社

  〒085-0013  

  北海道釧路市栄町7丁目2番地 産光ビル

​  TEL.0154-65-9633 

  FAX.0154-65-9688 ​​          

  E-mail: bubble90@moricara-hokkaido.jp

 ◆Bubble90 HP

 https://bubble90.moricara-hokkaido.jp/

 

​弊社は、株式会社ディージー・セールス社の正規代理店です。

製造元:株式会社ディージー・タカノ     

総販売元:株式会社ディージー・セールス


テーマ:

先日、私の家の周辺が、道路の水道給水管の交換のために夜間の断水になりました。

 

夜22時から翌朝5時までの断水だったのですが、22~24時くらいまでは家族もまだまだ起きています。

 

すっかり忘れてトイレに入ってしまった後に、「あっ!」と気が付きました。

 

トイレはタンクに水があったのでかろうじて流すことはできますが、トイレから出て手を洗おうと無意識に蛇口をひねってしまい、また、「あっ!」と思ってしまいます。

 

普段、何気なくごく当たり前に、必要な時にちゃんと出てきてくれる水。

 

有難いな・・・と思った出来事でした。

 

 

 

さて、今回の水道管の交換は、老朽化に伴うものでした。

 

新しい水道管は、耐震性で今よりも太い管になるそうです。

 

以前、「水道料金値上げの理由 その1」でも書きましたが、全国各地で老朽化に伴う水道管工事が行われています。

 

私の家の周辺も住宅地として開発されたのが45~50年位前になります。

今まで水道管を交換したことがあったかは定かではありません。

しかし、道路の水道管の耐用年数は40年と言われているので、私の住む地域一帯が一斉に交換時期を迎えていることは確かだなと思います。

 

◆水道管の老朽化に伴い、考えられる二次被害◆

 

水道管が耐用年数を超えると・・・

水道管の水が漏れたり、水道管が破裂する可能性が出てきます。

 

 ・水が漏れると周りの土砂も一緒に流してしまう

 ・土砂が流れると、道路が陥没

 ・水道管が破裂すると道路に水が噴き出る 

 ・近くにガス管があるとガス管の破損も招く可能性がある

 

 

これらの被害を防ぎ、安全に水を受け取るために水道管の交換が必要なのですね。

 

普段は出て当たり前と思っていた水が、たった数時間でも出ないのは、心寂しいものでした。

節水を心がけて、水を大切にしたいと思った出来事でした。

 

 

 
◆その他の記事は こちらから ⇒ テーマ一覧ページへ

 


モリカラ北海道株式会社

  〒085-0013  

  北海道釧路市栄町7丁目2番地 産光ビル

​  TEL.0154-65-9633 

  FAX.0154-65-9688 ​​          

  E-mail: bubble90@moricara-hokkaido.jp

 ◆Bubble90 HP

 https://bubble90.moricara-hokkaido.jp/

 

​弊社は、株式会社ディージー・セールス社の正規代理店です。

製造元:株式会社ディージー・タカノ     

総販売元:株式会社ディージー・セールス


テーマ:

Bubble90を取り付けるために、スパウト(蛇口)を取り換えることがあります。

 

取り外して驚くことが度々あります。

 

プラスチックの欠片やごみが蛇口の中に溜まっていたり、かなり劣化した節水コマが入っていることもあります。

 

 

【節水コマが劣化】

 

水流で節水コマが摩擦を受けてすり減ったり、水道水の塩素によって劣化して行くようです。

 

中には節水の役割を果たしていないのでは?と思われるほど、水が通る穴が大きくなっていたりしているものもあります。

 

 

〇で囲んだ部分は素材が薄くなって穴が空いています。

白い部分は色がついているのではなく、穴が空いて向こうが透けて見えているのです。

 

矢印の部分は欠けています。

 

欠けているところを拡大しました。

 

裏側の写真です。

1枚目の写真で〇で囲んだところを裏から見たところです。

 

【他の節水コマと比較】

 

使用済みの節水コマのうち、劣化の大きいものと小さいものを比較してみました。

 

これは上から見たところです。

左の節水コマと比べると右のほうは穴が大きくなってます。。

 

裏側を比較。

こちらも右のほうが穴が大きいです。

 

横から見たところです。

矢印の部分をご覧下さい。

ぼろぼろになって、薄くなっているのがわかると思います。

 

右の劣化が進んだ節水コマは、使い続けているといずれ小さくなり節水するどころか、水流や水圧を下げる効果を失い単なる異物になってしまいます。

 

 

節水コマを付けていらっしゃる方、お客様の節水コマは劣化していませんか?

 

そう言った箇所のチェックも含めて、Bubble90の取付に関する現地調査や無料のお試し設置を行っております。

 

お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

 
◆その他の記事は こちらから ⇒ テーマ一覧ページへ

 


モリカラ北海道株式会社

  〒085-0013  

  北海道釧路市栄町7丁目2番地 産光ビル

​  TEL.0154-65-9633 

  FAX.0154-65-9688 ​​          

  E-mail: bubble90@moricara-hokkaido.jp

 ◆Bubble90 HP

 https://bubble90.moricara-hokkaido.jp/

 

​弊社は、株式会社ディージー・セールス社の正規代理店です。

製造元:株式会社ディージー・タカノ     

総販売元:株式会社ディージー・セールス


テーマ:

少し前の放送になりますが、2018年2月25日の

「林先生が驚く初耳学」でBubble90が出題されました。

 

全国の全店舗で取付されている、いきなりステーキ様の映像から始まります。

 

林先生はご存じだったようですが、

「素晴らしい発明!」と言ってくれています。

 

更に、脈動流のことを

「水道界の北斗百裂拳」と例えています。

確かに、水の玉がどんどん当たる様子は似ていなくもありません。

 

Bubble90 に関する映像は 22分25秒からです。

 

 

 

 

 
◆その他の記事は こちらから ⇒ テーマ一覧ページへ

 


モリカラ北海道株式会社

  〒085-0013  

  北海道釧路市栄町7丁目2番地 産光ビル

​  TEL.0154-65-9633 

  FAX.0154-65-9688 ​​          

  E-mail: bubble90@moricara-hokkaido.jp

 ◆Bubble90 HP

 https://bubble90.moricara-hokkaido.jp/

 

​弊社は、株式会社ディージー・セールス社の正規代理店です。

製造元:株式会社ディージー・タカノ     

総販売元:株式会社ディージー・セールス

Ameba人気のブログ