タイトルの言葉で
ちょっと辛いと感じたらスルーしてくださいね

と、言いつつ
2回シリーズです!(笑)


ヒーラーさんやセラピストさんから、
 
「◯◯しないといけない」
「私が教えてあげる」
 
と何度も言われたことがあります
 
クライアントとして向き合っているわけではなく、
 
そんなに困ってるとか、悩んでる時でもなかったのですが
 
彼女たちのプロのスイッチを押すというか、女神の部分を刺激してしまう(らしい)時がありました
 
そんな場面で感じるのは、
 
・問題って何?
・どう解決していく? 
・何を学んだり、誰に教わる?
 
だったり、
 
・どうして、私は彼女たちのスイッチを押してしまうのか
・なぜ、彼女たちは刺激されるのか
 
ということで、つまりは差し出された手をとろうとは思えませんでした
 
クライアントでもないし、プライベートだから、という遠慮もある
 
すごく嬉しいし、
有り難い

だけど、
違和感感じてブレーキかけ始め、問題に辿り着くどころじゃない私

相手の胸に飛び込まないことで失望されたり、やろう、関わろうとしない態度が成長を妨げているとか言われて、重たくなったり
 
もう要らぬジャッジまで浴びるの図 ( ̄▽ ̄)
 
確かに
怖がりだし
面倒くさがりだし
 
つい、頭で考えてしまう癖もあります
 
「◯◯しないといけない」
「私に教えて欲しい」
 
自分の中にもそんな想いがあるから、相手に言わせていたのかもしれません
 
また、私の依存したいという気持ちが、無意識に相手を引き寄せてしまう、
 
引き寄せた結果、自分にも、相手にも無意識にまた嫌悪する
 
そんなループは確かにあります
 
女神さまたちにハグされればいいだけのことが、できないのです
 
 
{B38BCFD2-283F-45D5-AB75-91F62A92BE2F}
小さい足跡がてんてんてんてん
 
 
最近ようやく、私はもっと手前で怖いんだって、つらいんだなって感じるようになり、開いてみることにしました

今はそこが先だなって
 
相手のスイッチや意図云々はこちらの及ばないところでもありますから
 
さておくとして
 
 
続きます(。・ω・。)
 
AD