4月12日から始まっている四日市市の高齢者へのワクチン接種。

 

 四日市市では、クラスター対策等の考えから、高齢者・介護施設入所者及び従事者等(約10,000人)から優先的にワクチン接種を行っていく方針を取っており、現在、到着しているワクチン2箱(1,950回分)については、市内最大の医療・福祉施設群となる「小山田記念温泉病院を含む医療・福祉施設」への接種を順次進めています。

 

 現在、四日市市に供給されているワクチンは、ファイザー製2箱(1箱975回分)であり、今週に7箱の到着が確定しています。

 

 この7箱(6,825回分)については、高齢者・介護施設入所者及び従事者等への接種に充てられることになります。

 

 その後、5月10日の週、17日の週で36箱程度が配分される見通しです。

 

 これらについては、高齢者・介護施設入所者及び従事者等で未接種の方や2回目の接種に充てると共に、一般の高齢者の方への接種に回します。

 

 一般の高齢者への接種は、5月27日(木)から開始します。

 

 そして、5月6日(木)から75歳以上の方に接種券(クーポン券)の発送を行い、同日から接種予約を受け付けます。

 

 また、追って5月20日(木)から65~74歳の方にクーポン券の発送を行います。

 

 クーポン券発送のタイミングを2段階にすることにより、予約システムの混乱の回避を図ります。

 

 四日市市では、感染拡大が続き保健所機能がひっ迫した状況でありますが、並行してワクチン接種の準備も全庁体制で取り組んでおります。

 

 市民の皆さんに迅速且つ適切にワクチンを接種して頂ける様、全力で業務にあたっていきます。

 

 ご不明な点がありました、コールセンターにお問い合わせ下さい。

 

【四日市市コールセンター】

・電話番号 : 059-327-5990
・開設時間 : (平日)8時30分~19時00分、(土日祝日)8時30分~17時15分

 

【四日市市ワクチン接種関連HP】

https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1611134480393/index.html#suke