11月24日、四日市市・東員町コラボミュージカル『あした大空』四日市公演に行ってきました。

 

 一言で感想を述べると「感動で涙が止まりませんでした」。

 

 このミュージカルの四日市公演は、四日市市文化会館が10月にリニューアルオープンした記念公演としての開催となりました。

 

 近年、東員町で行っている演劇集団ローカルスーパースターズ(四日市市拠点)の公演を、今年は四日市市で2公演、東員町で2公演とコラボレーションした形で開催しています。

 

 今回のミュージカル『あした大空』は、四日市出身で日本のライト兄弟と呼ばれた飛行家玉井清太郎と弟の玉井藤一郎を題材としており、迫真の演技を通じ、四日市人としての誇り、夢を追いかける素晴らしさ、兄弟の絆の強さ等が大きく心を打つものとなっています。

 

 私は以前から玉井兄弟の存在は知っていましたが、詳細なエピソードまでは認識していませんでした。

 

 今回のミュージカルを通して、玉井兄弟が成し遂げた偉業や厳しい時代背景の中困難を乗り越え夢を追い続けた生き方を知り、大きな感銘を受けました。

 

 また、何としても地元四日市で飛行機を飛ばしたいと願う兄弟の姿に感動し、前半の最後辺りから涙が止まりませんでした。

 

 心から、多くの子ども達に、そして多くの四日市を愛する方に見て頂きたいと思いました。

 

 全てにおいて最高のミュージカルでした。

 

 ミュージカル『あした大空』の四日市公演は、11月23,24日で終わりましたが、実はまだ東員町公演が控えています。

 

 東員町公演は、11月30日(土)、12月1日(日)に東員町総合文化センターで行われます。

 

 確認したところ、最終公演の12月1日はチケットが売り切れているようですが、11月30日(土)17時からの公演はチケットがまだあるということでした。

 

 是非多くの皆さんにご覧頂きたいと思います。

 

 四日市市に対する誇りが膨らみ、四日市市のことをもっともっと好きになるミュージカルです。

 

 ちなみに、私は2度目となりますが11月30日の公演に、家族を連れていく予定です。

 

 チケットの取扱場所は、東員町総合文化センター、笹尾連絡所、星川サンシティインフォメーション、四日市文化会館、よんぶんネット、演劇集団ローカルスーパースターズとなっています。

 

 詳しくは、東員町のHPをご参照下さい。

http://www.town.toin.lg.jp/contents_detail.php?co=evt&frmId=7353