SDG's(Sustainable Development Goals)〈持続可能な開発目標〉は、持続可能な発展のために、先進国を含む国際社会全体が2030年までに達成すべき目標として2015年9月に国連で採択されました。

 

 SDG'sは、「誰一人取り残さない」をスローガンに17の目標とその達成手段を示した169のターゲットで構成されており、日本においても国家戦略としてSDG's推進本部を立ち上げ、アクションプランを策定しています。

 

 17の目標には、水や資源、環境、教育、健康、ジェンダー、経済成長、雇用、不平等の是正など、自治体が普段取り組んでいる施策と親和する部分も多いです。

 

 SDG'sと聞くと何か難しいことや新しいことに取り組まなければならないと思う方もいると思いますが、環境に対する取り組みや差別の解消など、これまで皆さんが行ってきた活動・行動がそれに該当します。

 

 SDG'sの取り組みは自治体レベルでも広がっており、如何にまちづくりにSDG'sの視点を取り入れていけるかが重要になってきます。


  現在、策定を進めている来年度から新たにスタートする10年間の『総合計画』においてもSDG'sの視点から基本計画を整理しており、『総合計画』をもって本市が積極的にSDG'sへの取り組みを進めていくことが明示してあります。

 

 今年の初めに「日経グローカル」が、全国の市区を対象に「SDG's先進度ランキング」を発表し、四日市市は815の市区の内、総合ランキングが117位という状況でした。

 

 四日市市は、三重県ではトップであったものの全国的に見るとまだまだ取り組みを進めていかなければならない立場にあります。

 

 本市は過去に四日市公害を経験し、環境改善と経済発展を両立してきました。

 

 こういった点からとりわけ、環境分野での取り組みでは、全国の先進都市として走り続け、存在感を発揮していかねばなりません。

 

 この様な考えを強く持ち、『総合計画』の実施と合わせて持続可能なまちづくりを着実に進めていきます。

 

 国レベル、自治体レベル、個人レベルそれぞれの立場で、SDG'sの取り組みは進めていけます。

 

 市民の皆さんとSDG'sへの理念を共有し、共に取り組んでいける流れを作っていきたいと考えています。