皆さん、明けましておめでとうございます!

 

平成最後の年となる2019年がスタートしました。

 

 昨年、2018年は、四日市港に初の大型外国客船の寄港やインターハイの開催等の多くの催しや運動施設をはじめとする数多くの新施設のオープンなど賑やかなニュースが続いた年でした。

 

 今年、2019年においても、様々な催しや新施設のオープン等が控えていますが、それに加えて今年は、今後の四日市市の方向性を決める大切な年という点で極めて重要な一年になります。

 

 昨年のブログでも書きましたが、四日市市は2020年度から10年間を期間とする新たな『総合計画』をスタートさせます。

 

 『総合計画』とは、長期的な展望に立って自治体の目指すべき将来像を描くとともに、その実現に向けて総合的かつ計画的なまちづくりのあり方を示すもので、自治体のあらゆる計画の基本となり、行政運営の指針となります。

 

《参考ブログ》

・【2020年度から新『総合計画』がスタート!】四日市市の今後10年の方向性を決める計画策定に着手

https://ameblo.jp/mori-tomohiro/entry-12425417220.html

 

 「土地利用・環境」「産業・市民活動」「防災・交通・港湾」「健康・医療・福祉・人権」「教育・文化・スポーツ・生涯学習」の5つの政策分野を設定し、議論を始めています。

 

 今年は、その新『総合計画』の策定作業が佳境を迎えます。

 

 新『総合計画』は、今年の11月定例月議会にて基本構想・基本計画の議案がはかられ議決を経て、『総合計画』の大きな方向性が確定することになります。

 

 この一年間、多くの市民の皆さん(地域、関係団体、若者等)や議会等と意見交換を行い、そして共に協議を重ねながら四日市市の今後10年の方向性を決めていきます。

 

 そういった意味では、今年は今後10年の四日市市の行き先を決める年となり、重要性は極めて大きなものになります。

 

 今年は、多くの皆さんと多くの機会を設け、将来の四日市市を語り合える一年にしていきたいと思います。

 

 また絶好のタイミングで、CTYの新春特別番組『産学官連携と四日市の創成/キーマンが語る10年展望「地域はこう変わる!こう変える!」』に、種橋四日市商工会議所会頭、駒田三重大学学長と共に出演させて頂き、今後10年間の四日市市の展望の話をさせて頂いています。

 

 当番組は、第1部、第2部の編成となっており、1月の1ヵ月間放送されています。

 

 是非、ご覧頂ければと思います。

 

 加えて、四日市市は来年の2020年に市制123周年を迎えます。

 

 市制123周年は、通常の周年と異なり、『1・2・3・四日市!』と四日市市にとって1度しか経験出来ない、四日市市ならではの貴重な年になります。

 

 2年前は、市制120周年で大いに盛り上がりましたが、市制123周年はそれ以上の盛り上がりを見せる年にしていきたいと考えています。

 

 そして、その準備を今年1年掛けてしていきます。

 

 市としても大型イベントの実施等、四日市市が盛り上がる様々な仕掛けを打っていこうと考えています。

 

 楽しみにしていて下さい!

 

 2019年も、31万人元気都市四日市を目指し、全力で邁進していきます!

 

 本年もよろしくお願いします!