4月23日から、5日間の育児休暇がスタートしました。

 

 四日市市は、現在「子育てするなら四日市」というスローガンを掲げており、子育て支援の充実、そして男性、女性共に積極的に子育てに関われる環境作りに努めています。

 
 市長として、自らが率先して育児休暇を取得することで、市役所そして、地域の企業において育児休暇が取得しやすい環境づくりに繋げていきたいと考えています。
 
 今回の育児休暇ですが、出来る限り多くの方に育児休暇について理解して頂き、育児休暇の取得促進に繋がる様に、私のブログや市のHPにて育児休暇体験記を発信していく事とします。
 
 これまで、育児、家事と縁遠かった私ですが、積極的に育児、家事に取り組んでいきたいと思います。
 
《育児休暇1日目》
 
7:00 朝食づくり
7:20 朝食
7:45 小学校へ通う子どもの見送り
8:30 洗濯
9:00 洗濯物干し
9:15 掃除
10:00 CTY取材
11:00 昼食、夕食買い出し
12:30 昼食づくり
13:00 昼食
15:00 子ども帰宅
16:30 夕食づくり
18:30 夕食
20:30 子どもとお風呂
21:30 子どもの寝付かせ
 
 妻からプレゼントしてもらったエプロンを着用して、育児休暇がスタートしました。

 

 しかし、いきなり朝からてんてこ舞い。

 

 子どもを学校に送り出すまでに、子ども達を起こし、朝食を用意し、水筒のお茶を準備し、子どもの学校の準備を再度確認等、やること沢山あります。

 

 私はいつも送り出されている側で私自身の準備で手一杯で、子どもの送り出しの事をそれ程気にした事はありませんでした。

 

 恥ずかしながら、朝食を作ろうと頑張ろうとしたのですが、家の台所のどこに何があるのか分からなかったり、料理も20年ぐらい作っていなくて何をしていいか分からなかったりオロオロしている私。

 

 子どもを送り出す時間が迫っている状況でしびれを切らせた妻から「朝食は私が作る」と言われ、結局朝食は妻が作ることに。

 

 育児休暇の最初のご飯からこの始末でした。反省。

 

 明日は、今日妻が作ったものと同じものを真似して作ることとしました。

 

 朝食から子どもを学校に送り出す1時間ぐらいの時間がここまで大変だとは初めて気付きました。

 

 その後、朝食の後片付け、洗濯、掃除を済ませ、10時からCTYの取材。

 

 育児休暇取得についてのインタビューに加え、昼食、夕食の買い出しから、昼食作りまで密着してもらいました。

 

 

 昼食は、妻と相談し『えびかつサンド』を作ることに。

 

 人生で初めて、揚げ物の料理を自分でしました。

 

 妻に横についてもらい、指導を受けながらなんとか育児休暇最初の料理を作りました。

 

 

 そして、昼食を食べ、少しゆっくりしていると15時過ぎには子ども達が帰宅。

 

 小学校から帰ってくる子どもを出迎えたのは、初めての経験でした。

 

 子ども達と庭で遊び、その後、すぐに夕食の準備。

 

今日の夕食は『カレー』でした。

 

 私が料理を作っているのを見るのが初めての子ども達は興味津々で、結局子ども達と一緒にカレーを作ることになりました。

 

 

 無事、おいしく出来ました。

 

 

*今日は姪っ子も一緒に夕飯でした。

 

 初日が終わった感想は、正直『疲れました・・・・』。

 

 何をしていいのか分からない中、妻にその都度確認しながら必死にやり遂げたという感じです。

 

 家事初心者私を妻が常にサポートしてくれるのですが、かえって妻に負担を掛けてしまっている様で、反省しています。

 

 早くひとり立ちしなければと強く感じた一日でした。

 

 一方で、20年ぶりくらいに作った料理の時間は楽しかったですし、子どもと向き合う時間や妻と共に過ごす時間が十分とれたことは、今までにない状況で凄く新鮮な時間でもありました。

 

 人生初の育児休暇は残り4日!頑張ります!