6月定例月議会の最終日に発議されました『四日市市観光大使設置条例(案)』に対する委員会審議が所管委員会である産業生活常任委員会にて7月13日から始まりました。


 それと並行して、本条例に市民の皆様からのご意見も反映していこうという趣旨で、本条例(案)に対する意見募集が8月1日から始まりました。


 この意見募集は、四日市市のHPでも公表しております。


 以下のリンク先をご参照下さい。

http://www5.city.yokkaichi.mie.jp/item47881.html#itemid47881


 当HPから、『四日市市観光大使設置条例(案)』を確認して頂く事が出来、意見要旨もダウンロード出来ます。(『四日市市観光大使設置条例(案)』は当ブログの最後に掲載)


 意見募集期間は8月15日までとなっており、本庁の市民窓口センターや各地区市民センター等にて受け付けております。


 また、議会事務局宛に郵送・ファックス・メールでの提出も可能です。


 『四日市市観光大使設置条例』をより有意義な条例にする為に、沢山の皆様からのご意見を募集しておりますので、8月15日までと短い期間ですが様々なご意見をお待ちしております。



 並行して行われている産業生活常任委員会での審議では、主に「観光大使の業務の範囲」や「観光大使の報酬」についての議論が行われています。


 委員会での議論の内容に市民の皆様から募集した意見を踏まえて形で、今後の委員会審議を進めていく事になります。


 当条例は、8月31日から始まる8月定例月議会内での採決を目指しています。


====================================================


  四日市市観光大使設置条例(案)


(趣旨)

第1条 この条例は、四日市市にゆかりのある者を通じて、本市の魅力、良さを広く国内外にPRするため設置する「四日市市観光大使」(以下「観光大使」という。)の制度の実施に関し必要な事項を定める。

 (対象)

第2条 観光大使は、次の各号に掲げる者を対象とする。

(1) 本市の出身者

 (2) 本市に相当期間勤務又は居住したことのある者

 (3) 本市の事業等でゆかりがある者

 (4) その他、前各号と同等に第5条第1項に定める活動を行うことができると認められる者

 (5) 市長が特に必要と認める者

(委嘱)

第3条 市長は、前条の対象者で、第5条第1項に定める活動を行う意欲を有するものの中から、適当であると認める者を観光大使として委嘱することができる。なお、委嘱は、委嘱状を交付して行う。

2 観光大使は、無報酬とする。

 (任期)

第4条 観光大使の任期は3年とする。

(活動等)

第5条 観光大使は、必要に応じて、次の各号に掲げる活動を行うものとする。

 (1) 市の観光PR

 (2) 市の観光施策に対する意見、助言

(3) その他、市長が必要と認める活動

2 市は、観光大使が前項の活動を行うため、「四日市市観光大使」の名刺や本市の観光情報を提供する等必要な便宜を図るよう努めるものとする。

(事務局)

第6条 観光大使に関する事務は、商工農水部において行う。

 (委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、観光大使の実施について必要な事項は、市長が別に定める。

   

   附 則

 この条例は、公布の日から施行する。