{47932538-5D71-4A70-875D-FA1333F6D632}

埼玉県秩父市の奥の奥にある三峯神社は、
毎月1日だけに手に入る、白の「氣」お守りを求めて、前の晩から渋滞が起きるほどの人気のパワースポットです。

今から1900年余の昔、日本武尊が東国の平安を祈り、伊弉諾尊・伊弉冊尊、二神をお祀りしたのが始まりです。
その時、日本武尊を案内したとされる狼さまがそこかしこにいます。

印象としては、とても強い神様で、
行くたびに頭痛がするくらいのパワーです。

しかも車で行くにも、電車で行くにもとても大変なので、行くには気合が入ります。




そんな三峯神社に、
2月24日、
瀬織津姫さまに呼ばれて行って参りました。

一番の目的地は、
三峰口から上がる清浄宮✨

ここの存在は、去年、麻炭作りワークをやった時の仲間から話を聞いていました。


まずは三峯神社本殿へ向かいました。

ダムの上の橋を渡ると一気に空気が変わります。
頭と胸が締め付けられるような感覚です。

そこからまだ山道を登るのですが、
途中、偶然にも目の前に神の湯のタンクローリーが現れました‼️ナンバーは333‼️
瀬織津姫は水の神様ですから、完全に導かれてる✨

{5CC5B012-9B7D-4A83-BF2F-7A9F346F74E3}


駐車場に着くと
空には龍がたくさん生まれてる🐉

{C1388E8B-8C76-4DE9-8FE4-76908FEE2367}


本殿に向かう前に、奥宮をはるか向こうに拝める拝殿場所へ。
そこからの雄大な眺め♪
{4D7E2890-47AD-4854-BA06-E5358AC279BF}
そしてミラクルが起きました‼️
奥宮拝殿場所の脇を入って行くと、
なんとそこには石の鳥居が‼️
鳥肌です‼️

感謝‼️

{00F06B9B-3CF7-4FA3-B3C6-3D276091CB93}
写真を見ただけでも、胸が締め付けられる感じ。
身体が熱くなります。



さて本殿へ。
{A1D50FCB-333A-4F69-A03C-D0C8436D4EDD}

摂社末社にも祓戸神社があり、瀬織津姫が祀られているようですが、そこはスルー。

はじめての氣守りは、麻果葉らしくグリーン。
{1700E871-39F2-481A-B06B-8E0DD60E6119}




{E3F6B617-AA62-48AE-BE2C-D93B406CC6D1}


参拝を終え、
朝作ってきた酵素玄米おむすびで腹ごしらえして
いざ、三峰口へ‼️


と、その途中、冬しか見られない三十槌の氷柱(みそつちのつらら)が大迫力で見えて、
思わず立ち寄りました♪

{879F4C47-FA15-4A79-8242-8A89DB00CD6B}

{D1A382F7-24AD-48B9-BE43-441E8FEB25A0}

{01082DDE-DF0F-4BC2-9D4A-081343B1E47A}
青く美しい氷柱。
夜はライトアップされるから、幻想的でしょうね〜。



{53746A67-7C81-41A6-A90D-2E778C9281B3}
さて、
いよいよここから約50分の山登りです。
紅乃屋のおばあちゃんに駐車代500円を支払い、杖を借りて出発。

{CB263061-176E-4C9B-A662-CB31DCE79DC9}
昔は三峯神社まで、こちらから歩いて登ったのですね。


{CA98B931-6E5C-4679-9647-9F4A9EEB65A9}

谷は龍の通り道🐉

{A69DBDED-4F6C-4298-86CC-0DC68049F12A}


と、
ここで画像限度枚数15枚となりますので

続きは次の記事へ…





続く…