残りものには〇〇がある

テーマ:

お寺では、お坊さんの残りものを頂く日々。

 

残りものには「徳」がある。

日本のように「福」とは呼ばない。

徳は来世へ、福は現世に。

日本との宗教観=人生観の違いでしょうか

 

写真は今朝、ラオス人の旦那さんを持つタイ人が持ってきた料理4品。

手羽と野菜の煮込み。発酵竹の子のスープ。キャベツと大根の漬物。モツと香草の煮込み。いずれも香草が良く効く。

ラオスに関係のあるタイ人もよくお寺を訪れます。

 

神奈川県のラオス

テーマ:

突飛な見出しだが、神奈川県にラオスが存在する。

もう少し詳しく言うと、ラオスのお寺が神奈川県にある、となる。

 

 

正式名称は「ラオス文化センター」。

NPO法人在日ラオス人協会によって運営されている。

 

いま、そのお寺に泊まらせてもらっていて、今日で4日目となる。

 

その様子を何回かに分けて綴ってみようと思う。

 

 

 

西日本ツアー終了

テーマ:

8月17日の福岡県福津市から始まったラオス食堂の西日本ツアー、各地盛況で好評も頂き、無事終えることができました。

開催地は以下のとおりです。

 

福岡県福津市

広島県広島市 2ヶ所

愛媛県松山市 

香川県丸亀市

奈良県奈良市

兵庫県神戸市

 

そして、JICA関西食堂でのラオス料理の監修、講演もさせて頂きました。

 

移動〜準備〜開催のワンセットが続く日々でしたが、学びの多い充実したツアーだったと思います。

各地でのラオス料理への関心は告知段階からとても高く、西日本でこれから需要が増すのではないでしょうか。

 

それでは、次は東北、中部ツアーと企画中です。

お楽しみに。

 

ラープ・ガイ(鶏のラープ)とジェオ・マクレン(トマトのディップ)