シンポジウム 「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」のお知らせ | 建築エコノミスト 森山のブログ

建築エコノミスト 森山のブログ

マンガ建築考の森山高至が「たてものと生活と社会と文化」を考えています。
twitter始めました。https://twitter.com/mori_arch_econo
連絡先は moriarchecono@gmail.com

緊急告知です。

いやあ、これは凄いシンポジウムですよ。

葛西臨海水族園を守ろう!ってことで、日本の建築家の重鎮たちが、まさに一堂に会する。

 

 

主催は日本建築学会です。

登壇される方々が凄いですよ。

総合司会は

鴨川シーワールド、江の島水族館、大分マリンパレスを手掛けられた建築家の安田幸一さん

建築学会会長で耐震建築と高層建築構造の権威、地震に強い建築の研究者である竹脇出さんのご挨拶

 

そして!槇先生   槇先生について書いたブログ→東京の森⑦だからこそ主張し続けよう

 

さらに!公共設計のマネジメントの研究者で特に子供たちの教育空間や環境にお詳しい柳澤要さん

なんと!アクアマリンふくしま館長、葛西臨海水族園の園長、上野動物園の園長、子供達が大好きなもの全部の園長、安部義孝さん

さらにさらに!沈黙の大巨匠!仙田満さん、マツダスタジアムや浜松科学館みらいーらの設計者です。

かのアンパンマンミュージアム(やなせたかし記念館)の設計者で私の大学の大先輩である建築家の古谷誠章さん

ミスターDOCOMOMO、モダニズム建築の未来への伝道者、松隈洋さん

そして、不肖!私こと森山でございます。

 

シンポジウム 「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」 

主催 一般社団法人 日本建築学会 

日時 2019 年 12 月 19 日(木)13:00〜17:00 

会場 建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20) 

 

 

<主旨> 葛西臨海水族園は、1989(平成元)年のオープン以来 5,500 万人超の市民が訪れ、今や市民にはなくては ならない存在となっている。その水族園も 30 年の月日を経て、飼育設備と一部の躯体の老朽化が進み、バ リアフリー対策も含め施設の増改築を考える時期を迎えている。 東京都は 2018 年「葛西臨海水族園のあり方検討会」を開催し、2019 年 1 月に「葛西臨海水族園の更新に 向けた基本構想」の報告書を発表した。

今年度には新たな水族園(新施設)の建設に向けた「葛西臨海水族 園事業計画検討会」が開催されている。

 

 しかしながら基本構想には「既存施設とは別に建築する建物(新施設)に水族園機能を全て移すことを基 本とした検討」、「既存施設については、水族園機能を移設後、施設の状態等を調査の上、そのあり方につ いて検討する」と記されており、既存施設から水族館機能を全て取り除き、状況によっては既存施設を取り 壊す可能性を示唆する内容となっている。

 

今日まで既存施設についての議論が全くなされないまま、新棟あ りきで計画を進めようとしている都の計画策定方法には見直しが必要である。

すなわち既存水族園について 建築的・文化的価値を論じ、その健康度を再調査した上での、将来を見据えた既存施設のあり方と大水槽を 有する新棟の必要性とその相互の連携、将来に向けたサステイナブルで健全な水族館施設の運用方法の検討 が必要である。

 

 水族園の一部の機能(中小展示水槽、教育・展示・事務所・飲食物販など)は既存施設の活用が充分に考 えられ、そのためにも新たな水族園の施設要件等の検討と同時に既存建築の長寿命化を検討していくことが 先決であると考える。

 

 本建築は現代日本を代表する建築家の一人である谷口吉生(1937-)の設計による名作である。

『90 年以降 の水族館の展示手法や建築空間においても格段に質が向上したのは、葛西臨海水族園の出現によるところが 大きい』と高く評価され、まさにターニングポイントになった水族館である。 

 

この建物の有する文化的及び水族館的価値について改めて考え、建築の長寿命化を考慮した適切な公園の 整備計画の策定を検討いただきたく、「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」と題して緊急シンポジウムを 実施する。

 

<プログラム(予定)> 

総合司会 安田幸一(東京工業大学教授、東京都葛西臨海水族園検討会委員) 

13:00 会長挨拶 竹脇 出(京都大学教授、本会会長) 

13:05 基調講演 槇 文彦(槇総合計画事務所代表) 

13:30 東京都が進める葛西臨海水族園基本事業計画概要と問題点 柳澤 要(千葉大学教授、東京都葛西臨海水族園検討会委員)

 13:40 葛西臨海水族園のライフサイクルについての概説 村田博道(森村設計副社長)

 13:50 講演 

安部義孝(ふくしま海洋科学館長、元東京都葛西臨海水族園長)

仙田 満(東京工業大学名誉教授、本会元会長) 

古谷誠章(早稲田大学教授、本会前会長) 

松隈 洋(京都工業繊維大学教授、DOCOMOMO Japan) 

15:20 休憩 

15:30 討論会 討論会司会:森山高至(建築エコノミスト) 

16:20 会場からの質疑 

16:50 まとめ 田中友章(明治大学教授、本会総務理事) 

申込方法 Web 申込み https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=625213 よりお申し込みください 

参加費無料・申込み先着順(定員 150 名) 

問合せ先 日本建築学会事務局 事業グループ 一ノ瀬 TEL:03-3456-2051 E-mail:ichinose@aij.or.jp