2014年6月13日外国人記者クラブ 「新国立競技場問題の解説」 | 建築エコノミスト 森山のブログ

建築エコノミスト 森山のブログ

マンガ建築考の森山高至が「たてものと生活と社会と文化」を考えています。
twitter始めました。https://twitter.com/mori_arch_econo
連絡先は moriarchecono@gmail.com


テーマ:
2014年6月13日におこなわれた外国人記者クラブ 記者会見、「新国立競技場問題の解説」 後半の一部。

「新国立競技場の今の計画案のままで、屋根を開閉しつつ、芝生の育成に適する採光を可能にする素材はありません。」

「C種膜の採用というのは現時点での苦肉の策だと思われます。結果として建築の法律に抵触してしまっています。」

「今起きている新国立競技場における問題について、審査委員長を務められた安藤忠雄さんには多大な責任があると考えています。」


建築エコノミスト森山(公共事業建築評論)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス