長沼伸一郎先生の新刊というか必須書籍の新装版 | 建築エコノミスト 森山のブログ

建築エコノミスト 森山のブログ

マンガ建築考の森山高至が「たてものと生活と社会と文化」を考えています。
twitter始めました。https://twitter.com/mori_arch_econo
連絡先は moriarchecono@gmail.com


テーマ:
私にはいろんなジャンルに師匠と呼ばせていただいている方々がいらっしゃいますが、
思想師匠、理系師匠といえば、パスファインダー物理学チームの長沼伸一郎先生です。
スポーツの世界におけるアスリートの肉体のように、頭がイイということも、これほどカッコイイことだったのか!とビックリさせてくれたのが先生です。

長沼先生とはかれこれ10年以上にわたりその薫陶を受けておりますが、
長沼先生関連書籍の入門編といいますか、理工系男子のレスキュー本
「物理数学の直感的方法」の普及版が登場、しかもブルーバックスからです。

ブルーバックスといえば、80年代理数系高校生にとりましてはカッコイイ系書籍No.1。
宇宙とか空間とか無限とかそういったことに答えてくれる名著の数々。

読めば読むほど余計わからなくなる魔道書の数々

「不確定性原理」、「マックスウェルの悪魔」、「四次元の世界」、「タイムマシンの話」等々。
物理世界の専門用語と最新情報をここで覚えた気になっていたもんです。

特に、都筑卓司といえばカール・せーガンや坂村建にならぶ当時の理系ヒーローですよね。

そのキラ星がごとくのブルーバックスに長沼先生が満を辞して登場。

しかも、長沼先生の新刊本、出たとたんベストセラー300位くらいになっています。

物理数学の直観的方法-〈普及版〉-ブルーバックス-長沼-伸一郎/

建築エコノミスト 森山のブログ

内容としては、抽象的で理解に苦しむ複素数や暗記でなんとか通過した微積分の公式を、
なるほどなるほど、こんな現象なのか、と文字通り直感的に理解させてくれます。

特に、今年単位を落としたとか、また院試を控える学生諸君は一刻も早くこの本を買って、単位を取っておきましょう。

勉強というのは自分のためにやるもんじゃありません、
所属する社会や悠久の歴史のためにやるもんなんです。
知力というのも戦闘力なんですよ。

だから、思想なき学力というものはチンピラの暴力といっしょなんです。
ただ周りの人を傷つけるだけ、
勉強できたとかか良い大学卒とか言っている先輩や上司に碌な奴がいないのは、
そいつらは、しょせん学力を持ったチンピラにしかず、柄悪いんです。

そういった意味で勉強のことを考えてみると、
自分のためにやる勉強なんていうものは所詮底が知れていますし、頑張れない。
120%のパワーは出ないんですよ。
そこのところを今の学校は忘れているのではないでしょうか?
中高生っていうのはもっとデッカイことがやりたいんだよ。

中高の教師に「将来の自分のために勉強しろ」とか言われても全然ヤル気なんて
起きませんよね。

それよりも、教師には「お前の勉強程度じゃ全国制覇はできねえ!お前の頭の良さはお前一人のもんじゃねえ!歴史に参加できる人間になれ!」
とか吠えられて、つっかかって来て欲しいものです。

長沼伸一郎先生とはそういう人です。

長沼伸一郎先生の書籍は自費出版的なものが多いので、
これを機会に出版社さんは、ぜひ長沼本の出版をお願いします。

特に、「無形化世界の力学と戦略」は現代の「墨子」としても必見の内容であり、
閉塞感ただよう現代の状況こそ、今まさに必要とされる内容と思います。

また、出版準備半ばでストップしている「縮退論」も、「作用マトリックス論」も、
出れば売れるベストセラー候補間違いナシ!早いもの勝ち!ですぞ。

また、パスファインダー物理学チームで電子出版した経済学の本もオススメです。

「渋滞学」で有名な東大の西成先生もご推薦

推薦の言葉
いま世界が必要としているのは、経済成長の方法ではなく、
むしろ成長の速度を遅らせても倒れないシステムである。
地球環境を考えれば、成長に限界があることは誰の目にも明らかなのに、
それに取って代わる新しい概念を人類は未だに見いだせていない。
しかしそのヒントはある。
それが本書であり、私は20年前にこの本の原稿に出会ったときに大きな衝撃を受け、
私のその後の人生に大きな影響を与えた。
普通の視点からいえば過激に見える内容も含まれているが、
表面的なことで挙げ足をとるのはやめて、長沼氏の深い思想を味わってほしい。
20年経った今でも全く色あせず、
我々にこれからどう生きればよいか迫ってくる本書は、
万人に読んで頂きたい一冊である。

「現代経済学の直観的方法」電子書籍化のご案内

東京大学 先端科学技術研究センター 教授 西成活裕 先生は、
長沼先生の最初期の門弟ですから、拙者の兄弟子にあたります。


パスファインダー物理学チーム は、年齢、経歴を問わず誰でも参加できる
現代の象山書院とか松下村塾みたいなところですから、
興味を持ったら即行動で一度顔出してみてください。
現状に閉塞して、不満タラタラの元秀才くんたちにはピッタリのところです。

高校生から翁までいろんな方が集まって長沼先生の講義を聴き闊達な議論を
おこなっております。もちろんただの雑談もあり、飲食あり、です。

以前は中西さん の会社、その後は私の事務所をお貸ししていましたが、
諸般の事情により現在は

月例の会合を、毎月第3水曜日、
小池統合医療クリニック (東京都新宿区四ツ谷2-8 新一ビル602)
にて行っています。

こんどの来月(10月)の例会は、10/12(水)の予定です。
JR四ッ谷駅 赤坂口 に 19:30 集合です。

会場を提供されている小池先生も統合医療という、
通常の医療に代替医療をも含めた診療活動をされていて、
男気と優しさあふれるクレバーで面白い方ですよ

建築エコノミスト森山(公共事業建築評論)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス