モラハラを後押ししてしまう、被害者の特徴 | 離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!! 

離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!! 

現在、夫からモラハラを受けているけど、
事情があって今すぐ別れることができない貴女!
そんなあなたの為の、
モラハラの弱点を掴み、離婚せずに自由を取り戻す方法!!
《離婚しないモラハラ対策カウンセラー》Joe


テーマ:



テレビでやってた、
「最も魅力に欠ける街」
アンケートでは、

もの凄いダントツで
名古屋市だったよ。

逆になんで?

魅力無いって、
どういう意味で?

観光?



さてビックリマーク
こんにちわ。
『離婚しないモラハラ対策カウンセラー』
のJoe(ジョー)です。





1編:モラハラ被害者も悪いのか
2編:モラハラ被害者にとっての理想的な生き方
3編:モラハラ被害者の人生が変わる


に引き続いて
下記のコメントについて
解説したいと思います。

いただいたコメントはこちら。

===============
Joe先生、
記事の更新をありがとうございます。

このブログにたどり着いた時は、

私は悪くない!
悪いのはモラハラをするモラ夫だ!

と、
自分が思いたい方向に思うことで
自分を慰めていました。

でも、
それは違うのだと今は思います。

モラハラできる相手をモラ夫は見つけて、
モラハラされるとも知らずに
私の方が近づいて行ったのです。

モラ夫は確かに
違和感を醸し出していたのに、
私が結婚したいばかりに
その違和感を無視してしまいました。

人の尊厳を傷つけるようなモラ夫は
許せないヤツではありますが、

私の存在ががヤツのモラハラを
後押ししてしまったのは明白でした。

過去のJoe先生の記事も
読みあわせて理解しました。

だからこそ、
モラハラするような夫には、
私が結婚前に思い描いていた自分の姿・・・
可愛い妻では駄目なのですよね!

何事もあきらめが肝心といいます。

私たち被害者体質の人間が
結婚に描いていた夢は、

モラ夫とでは叶えられないということを
はっきり思い知れば
一歩進めるのかもしれません。
================



前回までの記事で
前半については解説しましたので、

今回は
後半の

==============
モラ夫は確かに
違和感を醸し出していたのに、
私が結婚したいばかりに
その違和感を無視してしまいました。

人の尊厳を傷つけるようなモラ夫は
許せないヤツではありますが、

私の存在ががヤツのモラハラを
後押ししてしまったのは明白でした。
==============


についてです。



まず、
言っておきたいことは、

被害者体質の人の雰囲気
というのは、

相手の自己愛を爆発させます。


被害者体質の
その人にもよりますが

一般的に
被害者体質の人というのは
相手から見ると、

「卑屈なくせに威張ってる」

というような
印象を受けることが多いです。

その相手が
モラハラ体質であっても無くてもです。


被害者体質の人というのは、

とにかく
自己犠牲から入るので、

まず、
自分から
ウザいほどに尽くす
という感じになります。


当初は
見返りも求めない感じなので、

相手から見ると、
その「卑屈さ」が透けて見え、

「怖さのない相手」

というふうに映ります。


その、
すごく怖くない相手が、

見返りも求めずに、
部下みたいに尽くしてくるので

相手は
(それがモラハラであっても無くても)
つい、
調子に乗りたくなります。

そして、

自発的に
何でもやるあなたに対して

どんどん
要求を大きくしていきます。


この段階では、
多くの場合、

相手は
あなたが好き好んでやっていると
思っているので、

悪気というよりは、
ただ、調子に乗って
要求をエスカレートしている場合も
多いでしょう。


でも、
そうしているうちに、

だんだんと
被害者体質である
あなたの方の負担が
大きくなっていくわけです。

そしてあなたはついに、

「私はこんなにやってるんだから、
 あなたもこれくらいやってよ」


とか、

「私ばかりできないよ!!」

などと
クレームをつけます。


この時、
相手は初めて、

あなたがそれを
不本意に感じながら
やっていたことを知ります。


これを言われた時点では
相手は皆
調子に乗っていたわけです。


だから、
これを言われた時点で、
ほとんどの人は

「ああ、そうだったのか
 じゃあ、
 要求するのはもうやめよう」

というふうに
自分の要求を引っ込めます。


しかし、

ここで、
一歩も引かないのが
モラハラ体質です。

その「引かない姿」を見た時、
あなたは、
ものすごい違和感を感じます。


その言い方をすれば、
ふつうはだれでも
引くと思われるところだからです。


自制心のある人であれば、

「調子に乗る気持ち」
を自制できるのですが、

自己愛が強めの人や

もちろん
モラハラ体質の人は、

そんなあなたを見て、
ますます
調子に乗らずに
いられなくなります。



初めて勇気を振り絞って
自己主張した
あなたは、

もちろん
そこで相手が引いてくれるものだと
思っていたのに、

一切引こうとせず、
構わず自分の要求を
押し通そうとする相手に、

もの凄い違和感を
感じるわけです。


でも、
被害者体質の人というのは、

自分があらかじめ思い描いた
「平和の形」にこだわり

その実現のためには、
どんな犠牲でも払うので、

そのように
グッと押し返してくる
モラハラ体質の、

あまりの冷たさを
目の当たりにし、
やり返す気持ちが萎え、

結局、
なし崩し的に
自分が我慢することによって、

理想とする「平和の形」の
実現へ、

可能性を残そうとします。


※ちなみに、
「Joeメソッド」では、
この仕組みを逆利用して
モラハラ夫を萎えさせ
モラハラを抑えます。

これについては後日
【無料メール講座】
で解説します。



一方、
モラハラ体質の人は

その時点ですでに、

相手(被害者体質の人)が
どれほど恐れるに足りないか

ということを
認識しているので、

もちろん、
怖くもない相手の要求は
受け付けないし、

むしろ、

そんな弱者のくせに
一人前の要求をしてくる相手に対して、

沸々と怒りが湧き、

身の程を思い知らせて、
二度と歯向かわないようにしたい
という気持ちになります。


そのようにして、
モラハラ体質の人による

「押し返し」

が成功するたびに、

被害者体質の人は、

理想とする「平和の形」
失うことへの恐怖心から、

「私さえ我慢すれば」

の気持ちを益々募らせ、

その主従関係の差は
どんどん開いていくのです。



被害者体質の人
というのは

「親切テロリスト」

です。


親切という形で
他人の人生に介入し、
圧力をかけるか、

または、

その親切を逆利用される形で
虐待を受け続けます。


虐待を受けても

「親切テロリスト」は、

親切をやめることで
状況は悪化する
と信じているので、

親切をやめられません。

そして、
虐待を受け続ける。。



冒頭でコメント主さんが

================
私の存在ががヤツのモラハラを
後押ししてしまったのは明白でした。
================


と言われているのも、

そういう意味からすると、


あなた(被害者)が
「親切テロリスト」であったために

ヤツ(モラハラ夫)の
モラハラを
後押ししてしまった

と言えるかもしれませんね。








にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581


_____ _ えんぴつ大
モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全10回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312





読者登録してね





離婚しないモラハラ対策カウンセラー:Joe(ジョー)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります