こんにちは。

dental_hyjienist_kです。

 

みなさん、歯を磨くとき、正しく歯ブラシを持って磨いていますjか?

歯ブラシの持ち方があるって知っていますか?

 

普段の歯磨きで、無意識に持ちやすい持ち方で磨いていることが多いと思いますが、

ちょっと意識してみてください。

 

ペングリップですか?

パームグリップですか?

 

     <ペングリップ>          <パームグリップ>

 

 

「歯ブラシの持ち方なんて、どうだっていいじゃん!」って思う方もいますよね?

 

今、お口のトラブルを抱えている方、歯ブラシの持ち方が原因になっていませんか?

特に、トラブルを抱えていない方も、今ある歯と、歯肉を健康に保つために、

正しい歯磨きをしましょう。

 

 

持ち方は、「ペングリップ」をおすすめします。

簡単に言うと、「えんぴつ持ち」になります。

なぜ、おすすめなのか?

手首を動かしながら、小刻みに歯ブラシを動かすことができるので、

磨き残ししやすい、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、噛み合わせの溝の汚れを落とすことができます。

複雑な歯並びの場合も効果的です。

 

 

 

 

磨く力は、だいたい 100g~200gです。

力を入れてしまうと、歯肉を傷つけてしまったり、歯に対しては、知覚過敏症を

起こしてしまう恐れがあります。

ペングリップ」ですと、過度な力がかかりにくいです。

ガシャガシャと大きな音がする方や、1~2週間で毛が開いてしまう方は、

力が強いかもしれません。

気を付けてくださいね。

 

 

歯ブラシの角度は、45度程度で歯ブラシを当てると良いです。

あまり極端な角度はつけすぎないほうが良いと思います。

 

私は、歯の面に歯ブラシを90度に当てた磨き方のスクラビング法と、

1歯ずつの縦磨きが好きです。

 

ただ、お口の中の状況によって、(歯肉の腫れや痛みなどのトラブル、知覚過敏症、その他の理由など)その方に合ったブラッシング法が必要になるので、

歯医者さんで、確認してくださいね。

 

 

 

読者登録してね   ペタしてね

 

 


歯科衛生士ランキング