フィギュアアイスダンス五輪選手 クリス・リードさんが急逝 30歳 心臓突然死で

 

3/17(火) 14:15配信

日本スケート連盟は17日、アイスダンスで日本代表として3度の五輪出場を果たしたクリス・リードさんが、日本時間15日午前0時20分に米・デトロイトで心臓突然死のため亡くなったと発表した。30歳だった。
 
リードさんは姉のキャシー・リードとのペアで10年バンクーバー五輪(17位)、14年ソチ五輪に出場(21位)。18年には村元哉中とともに平昌五輪に出場(15位)した。全日本選手権は10度の優勝を誇った。昨年の12月31日に現役引退を発表していた。

 日本連盟の長島会長は「突然の訃報に大変驚いております。長年に渡り日本のアイスダンスの発展に貢献していただいたクリス・リードさんに改めて深く感謝の意を表しますとともに、ご家族の皆様に心からお悔やみ申し上げ、リードさんのご冥福をお祈りいたします」と、コメントした。
 
 
驚きました。
記事の見出しがC・リード氏とあったので、まさかと思いましたが見てみたらクリスでした。
まだ30歳ですよ。早すぎます。
心臓の病気だというのは突然にやってくるものなのでしょうか。
近々来日予定だったそうです。
 
日本におけるアイスダンスを盛り上げてくれたのは、間違いなくクリスとお姉さまのキャシーです。
日本が団体に出ることができたのも、彼らのおかげ。
 
 
ご冥福をお祈りします。