はい!こんにちは!

 

本日は63歩目です。

 

 

暖かくなったこのタイミングを狙って

サマーフェアが始まったばかりの

リーガルシューズ岡崎店です。

 

https://moonlight-regal.com/index.html

 

まさに今がベストタイミング!

 

上の写真掲載靴は

スニーカーとエスパドリーユですが

それだけがキャンペーンの

対象ではありません。

 

紳士ビジネス靴も対象ですから

安心してくださいね。

 

 

 

さてさて

昨日は紳士靴のデザインは

実はそう大した数はないと書きました。

 

ストレートチップ

プレーントゥ

モンクストラップ

ウイングチップ

Uチップ

 

ひも靴の基本形はこの5つだけです。

 

 

あとはヒモじゃない

スリッポン系もありますが

これはビジネス向けではありません。

 

ビジネスにも使える

とはいいますが

ビジネス用ではありませんので

ご注意下さい。

 

なんで5種類しか基本形がないのに

何百という靴が作られるのでしょうか。

 

まずこの5つの基本型から

いくつか派生するデザインがあります。

 

例えば、ストレートチップ

 

一番ドレスタイプの靴として

人気ナンバー1のデザインです。

 

冠婚葬祭、重要な会議

重要な取引先への訪問などには

間違いないデザインとして

おすすめしています。

 

これを履いておけば安心という靴

ですね。

 

 

 

この靴に例えば穴飾りを付けると

 

かなり賑々しい感じになります。

 

大人のカジュアル感のある

カッコいいデザインですね。

 

ジャケパンや明るめのスーツなどに

合わせると良い感じです。

 

デニムでもありです。

 

イギリスではこのデザインを

ストレートチップとは言わずに

「セミブローグ」と言います。

 

 

そこまで穴飾りを付けなくても

もう少しシンプルなモデルがこれ

 

 

穴飾りはありますが

トゥのメダリオンはありません。

 

このややシンプルな穴飾りの

ストレートチップを

イギリスでは「クオーターブローグ」

と言います。

 

中間くらいのドレス感

という感じですね。

 

みていただければわかるように

どれも基本は

ストレートチップと呼ばれますが

 

穴飾りによって

全然違う靴に見えてきます。

 

さらにヒモの部分のデザインが

違うものがあります。

 

以前にも書きましたが

「外羽根」と呼ばれるタイプです。

 

 

こういう靴はトゥ周りはシンプルですが

内羽根のものに比べれば

ややカジュアルに見えます。

 

もういちど上から

順番に見比べて下さい。

 

同じストレートチップでも

全然見え方が変わりますね。

 

本当に全然違うのです。

 

紳士ビジネス靴には

こういうデザインの

バリエーションがいろいろあります。

 

さらに、

 

底材の種類がゴム/革

光沢がある/ない

幅が2E/3E

ムレ抜けや雨対策などの機能がある

茶色なら明るい/濃いめ

 

などで

数限りなく違いが出るのです。

 

デザインの違いは面白いので

明日は別のデザインの

バリエーションについて

書いてみますね。

 

では、また明日!

 

👉https://moonlight-regal.com/index.html