はい!こんにちは。本日は60歩目です。

 

7月のどこかのタイミングで

某大手都市銀行の行員さん

50名様くらいを相手に

 

「靴磨き講座」をやることになりそうな

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

👉https://moonlight-regal.com/

 

…いまから緊張します。(嘘だけど)

 

 

世の中すごい人はたくさんいるので

私ごときでよいのか?と思う半面

 

声をかけていただいたのは

僕ならできると思っていただいているからだ

と思う部分もあり

 

尻込みしていては何も変わらないので

基本的には声をかけていただいたことは

何でもやるつもりで受けています。

 

これは今となっては

どうしようもない出来事ですが

某超大手自動車部品メーカーの

社内販売子会社から

 

靴の販売について

当店にお声がけいただいたときに

 

「当社では無理だから」

とメーカーの卸部門を紹介したら

その話はダメになったと後から聞いたときに

 

悔しい思いをしたことを

今でも引きずっているからだったりします。

 

なぜあの時自分がやる

と言わなかったんだろう…。

 

 

よくチャンスの女神は後ろ髪はない

といいますが

 

お店を持ってからそういうことが

過去3回位ありました。

 

あとになってから後悔するくらいなら

やるだけやったほうが良いですね。

 

ちなみに

後悔する人はやっても後悔するし

やらなくても後悔します。

 

だって後悔というのは

選択した方と違う方を美化するから

後悔してしまうわけで。

 

本当はどうなっていたかなんて

どうでもいいんです。

どうせやっていないことなんだから。

 

だから後悔しない人は

何をやっても後悔しません。

 

今やっていることに集中すれば

よいだけですから。

 

私もこのことに気づくまでに

さんざん後悔をしてきているわけなのですが。

 

 

 

おそらくこの少年は

生涯後悔をすることはないでしょう。

 

 

わずか7歳で

世界の上位2%のIQの人に入会資格のある

メンサに入ることになったんだそうです。

なんというか、おめでとう。

 

悠吾さんは1歳半ですらすらとしゃべることができ

4歳で宇宙の構造に関する本を読みあさり

7歳で一次関数などの数学ドリルを解いていたという。

~中略~ 

最近は科学分野に関心があり

特に人工元素の作り方を積極的に学んでいる。

その傍ら1日3時間のバイオリン練習もこなす

という多才ぶりを発揮する。

 

う~ん、7歳ですよ。

 

きっとどんなジャンルの問題でも

やらせたら僕よりは解けるレベル

の7歳なんでしょう。

 

おそらくだけどこういう人は

人生で後悔はしないでしょうね。

 

後悔する時間を持つくらいなら

すぐに新しいことにチャレンジする

と思います。

 

なんであれ誰であれ立ち止まったり

後ろを振り返ったりしちゃいけないんですよ。

 

先へ進むのは未知のことだけど

後ろを見るくらいなら

一歩でも先へ遠くへ

向かったほうが良いんです。

 

私達はそのための靴を売ります。

後ろではなく前に進むための靴です。

 

歩いているときは

体の中で靴のつま先が一番先に前に出ます。

一番前で先導をするんです。

 

そんな気持ちで

あなたの先を切り開く靴を売ります。

 

そんな想いで靴を販売している

リーガルシューズ岡崎店なのです。

 

👉https://moonlight-regal.com/index.html