こんにちは

昨日平成最終日のブログを書いてから

何時間も経たないうちに令和になったけど

特に周りに変化のない尾崎です。

 

そりゃそうだ。

 

ゴールデンウィークも

なんとなく前半戦も終了的な感じですが

いかがお過ごしでしょうか。

 

みんなが幸せで楽しい

ゴールデンウィークを過ごしていることを

祈念しております。

 

ちなみに本日5月1日は当店はお休みです。

あとのゴールデンウィーク中は営業しております。

 

 

 

 

http://mainichi.jp/articles/20190430/k00/00m/030/039000c

 

令和便乗ネタもこれで最後にしよう。

 

こういうのを褒め称えるべきか

けなすべきかはわかりませんが

 

機を見るに敏であり

行動力という意味では

素晴らしいことだとは思います。

 

ただ、「仁」には欠けるけどね。

それが残念。

 

 

子供をほめる時に

なにを一番ほめるとよいのか

といった場合に

 

僕だったら

なんであれ

すばやく行動したことを

一番にほめます。

 

 

結果としての出来不出来は

関係ないんです。

 

良いと思ったらすぐに動くこと

これが一番大事だと思います。

 

「よく考えてから」とか

「検討してから」

などと言っていては

まず行動しませんし

 

仮にそれから行動しても

遅くなるだけです。

 

 

先に行動して成功すればOKだし

失敗してもそれはそれで失敗した経験が

得られるわけで

 

 

やってみて怒られるのは

やらないよりも100倍マシ

だと考えています。

 

やると決めたらやればいいんです。

 

そういう意味で

「仁」には欠けると言ったものの

今回登録しようとした中国人は

ある意味称賛には値すると思います。

 

彼らはまずは行動をしたからです。

 

でも登録が通ったら腹が立つけどね。

さすがに中国政府は却下するだろうけど。

 

ほめるべきところが

「素早い行動」であるとすれば

 

反省すべきところは何かと言うと

「他人を不快にさせなかったかどうか」

だと思います。

 

 

それは

たとえ言っていることや

やっていることが正論であっても

他人を傷つけたり、脅したりする

言動ならば同じことです。

 

とはいえ人間社会ですから

なかなか思うようには行かないわけですが

 

でも理想は

 

1素早い行動をして

2.人を傷つけずに役に立つこと

 

だと思います。

 

そんな行動を心がけている人に

靴を買っていただきたい

リーガルシューズ岡崎店なのです。