こんにちは

 

今日一日で平成最後の…

という言葉を

何回聞いたかわからないくらいの

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

 

本日当店で靴を買っていただいた方は

平成最後の日に靴を買っていただいて

ありがとうございます。

 

明日からの新時代を

当店の靴で

一歩一歩歩いていってくださいね。

 

今日は4月でありながら

年末の大晦日の気分です。

 

連休も続いているし

テレビは特番だらけだし。

 

あと昨日はなぜか

平成の紅白歌合戦の特集を

NHKでやっていました。

 

完全に年越しモードやん

とか思うのですが

なんとなく世間はそんな雰囲気ですね。

あとおせちでもあれば文句なしです。

 

 

年末といい平成といい

一つの時間軸が終わるというのは

なんとなく物悲しいものです。

 

明日になれば

新しい時間軸が始まり

祝賀ムードになるのは分かっていますが

今日が最後の日という気分が

そうさせるのでしょうか。

 

でもそういった事は人が決めたものです。

自然は朝が来れば日が昇り

夜になれば暗くなるし

川は相変わらず流れ続け

今日も海に波は立ちます。

 

 

平成最後の日だからといって

なにか特別な変わったことが

起こるわけではありません。

 

なにかが変わるとすれば

それは人の心なわけで。

 

令和はこんな時代になるとか

こんな変化が起きるなどと

 

予測的なことをテレビで言ったりしていますが

時代を変えるのも変化を起こすのも人なのです。

 

だから、そういった人の作った

予測を受け入れて生きていくのか

 

それとも令和はこんな時代にすると

自分で決めて生きていくのかで

 

時代の変化というのは

大きく変わる気がします。

 

今日仕事したら平成最後の仕事だし

食事をしたら平成最後の食事だし

お風呂に入ったら平成最後のお風呂です。

 

今日一日のやることなすことが平成最後の〇〇です。

 

ならば明日以降に向けて

平成最後の計画を立ててみる

というのはどうでしょうか。

 

 

次の令和が何年までになるかわかりませんが

自分と自分の周りと社会に向けて

令和ではこう生きていく

というのを決めるのも一興かと思います。

 

平成は今日で過ぎていきます。

 

10年後の令和10年には

自分はどうなっていたいですか?

 

令和20年には?令和30年には?

 

それが平成最後の

やるべきことであって欲しいし

 

そうやって決めたことを

実現させるお手伝いをしたい

と思うリーガルシューズ岡崎店

なのです。