こんにちは

ちょっと試しに

口からエクトプラズムを出してみた

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

 

まあ綿菓子なんですけども。

 

さて、東京オリンピックの

ピクトグラムが公開されていました。

 

https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20190312-01.html

 

有名な話ですが

 

ピクトグラムは

前回の東京オリンピックの時に

初めて作られ

世界的に広がっていった

 

ということですが

それ以前の案内板は

文字だけだったんですかね。

ちょっと気になります。

 

まずは

今回の発表のものと

1964年のものを比較してみましょう。

 

 

上が1964年

 

下が2020年

 

 

なんだか

だいぶ簡素化したような気がします。

スッキリしたというのかな。

 

あと競技数が増えて

その差を画像で表すのに

苦労の跡が見られますね。

 

自転車関係だけで

5つを使い分けしています。

 

BMXなんかはもはや

すっ転んでいるようにも見えます。

 

いいですね、こういうの。

 

コンセプトムービーもあります。

https://youtu.be/B7YMlcX-ttA

 

さて

東京オリンピックで始まった

ピクトグラムが

思わぬ方向に進化を遂げています。

 

それがヒューマンピクトグラム2.0です。

 

 

http://pictogram2.com/

 

ここには

誰がどんな目的で使うんだろう

と思われるピクトグラムが

満載されています。

 

普通のもあるのですが

例えば

ストップとか

面接とか

 

でもそうじゃないのもあります。

 

 

さあ

ピクトさんの不思議な世界

見てみましょう。

 

おばけに驚く人

リポD

 

インディ・ジョーンズ

かめはめ波

ジャンプキック

 

まだまだいろいろあります。

 

こういう簡単な線だけで

人が何をやっているのか

わかるというのは

実は凄いことだと思うのです。

 

余計な装飾を外して

極力シンプルにするのは

 

やはり禅というか

日本の侘び寂びに

通じるものがある

と個人的に考えています。

 

考えすぎかもしれませんが。

 

シンプルにしても

つまらなくなったら駄目です。

 

シンプルにすることで

そこに見えてくる楽しさというか

美がないとやる意味がありません。

 

ゴテゴテとした装飾も

大事かもしれませんが

 

本当にビシッと決めたいときには

シンプルで美しいもので

勝負するというのが一番です。

 

だから

フォーマルで決めたいときには

シンプルなストレートチップが良い

とされています。

 

https://moonlight-regal.com/lineup/priority/01DR.html

 

例えて言えば

アラブの王族を感動させた

天皇陛下の謁見風景が

わかりやすいかもしれません。

 

サウジアラビアの謁見の間

 

天皇陛下によるムハンマド副皇太子謁見の写真

 

 

なんというか違いは一目瞭然。

特に説明はいらないと思います。

 

どっちが上とかではなく

思想の違いが現れている感じです。

 

シンプルに上品に。

 

冠婚葬祭のようなときには

そのような装いが

その人の格を決めるのです。

 

あなたがキメたいときの靴を

きちんと提供していきたい

リーガルシューズ岡崎店なのです。