こんにちは

本日夜は靴磨き教室を

お店で行うので

 

朝から緊張している

リーガルシューズ岡崎店

の尾崎です。

時間は1時間位ですが

毎回お客様には

「知らなかった!」「そうだったのか」

という声を頂いています。

 

ちなみに、初心者向けです。

上級者には「知ってた」

となりますのでご了承下さい。

 

本日はあと1~2名

27日はあと3~4名ほど

空きがございます。

 

参加ご希望の方は

お電話(0564)23-9261

を下さいませ。

 

 

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190413/k10011882721000.html

NHKさんの記事です。

 

先日も人手不足に関する

エントリーを書きましたが

 

人事担当がきちんとした靴を履かないと人手不足は解消されない

https://ameblo.jp/moonlightregal/entry-12453070340.html

この記事は

この1週間の間では

3位の購読数でした。

 

今回は日本生産性本部が

アメリカに行って話を聞いてきた

みたいな感じでしょうか。

 

移民大国アメリカに聞いてもなあ。

 

最近は移民の入れすぎで

グダグダになっていたから

トランプも大統領になったわけだし。

 

 

前回も書きましたが

 

人手不足って

労働には格差があるのに

その差ほどには給料には格差がないので

 

そりゃあ、労働がきつくて

相対的に給料が低い仕事を

皆が避けたがるよなあ

というところが発端な気がしています。

 

 

キッコーマン名誉会長の茂木友三郎氏は

「経済成長に欠かせない

生産性の向上は

日本だけでなくほかの先進国でも

課題になっている」

 

問題は

その生産性の向上とは何なのか?

ということです。

 

 

手段(なんらかの機械化)よりも先に

人を減らすことで

効率化(労働生産性の向上=利益向上)

を達成しました

 

なんてのがよくあることで

 

働くひとが減って

仕事量が変わらずに

ヒイヒイ言っているだけ

なんてのは普通に散見されます。

 

 

ANAホールディングスの片野坂真哉社長は

 

「ITなど、デジタル化を活用して

生産性を上げようとする中で

日米問わず多くの出席者が

『人間が大事だ』と指摘していたのが

印象的だった。」

 

実際にどっちなんでしょうね。

 

理想は頭の良い人たちに

ITやデジタル化を進める側に回ってもらって

効率の悪い業種の

人が嫌がる仕事を機械に回す

ということなんでしょうけど。

 

 

個人的には「人間が大事だ」の

中身が知りたいです。

 

人の何が大事なのか?

 

IT系人材?

手を動かす高度に

専門化された工場人材?

何ができる人材?

 

 

その回答いかんによっては

全然正反対の結果を生む

と思うのです。

 

 

ちなみに、当店も人間が大事です。

どんな人間かというと

「お客様と友だちになれる人間」

が大事です。

 

効率よく靴を売ったり

すばやく仕入伝票を打ち込んだり

棚卸を3時間でやったり

というのも大事といえば大事ですが

 

(これらの業務もうちのスタッフは

レベルが高いですが)

 

もっとも重視するのは

お客様とお友達のようになれる人

です。

 

そういう人が大事です。

それ以外は練習でどうとでもなりますし

それが私達の生命線だと思っています。

 

お客様には神様でなく

お友達になってほしい

リーガルシューズ岡崎店なのです。