こんにちは

昨日は飲みに行った先の

女将(美人人妻)に

 

「そのお腹に驚きました」

と言われて

 

割とショックを受けて帰ってきた

リーガルシューズ岡崎店

の尾崎です。

 

立っていると

そう目立たないのですが

座るとその実態がはっきりします。

 

やばいなあ。

 

 

 

まずは昨日

春のリーガルウィークが

無事に終了いたしました。

 

ご来店いただいたお客様

ありがとうございました!

 

また同時に3月末決算です。

年度の締めも行われます。

 

 

 

実を言うとこの1年間は

(いや、もっといえば

何年も前から)

 

決算の数字は

けっこう厳しい結果

になっています。

 

もはや当店は

お客様の支持が

得られなくなっているのかなあ

などと…

 

ちょっと考えたりもするのですが

 

なにか一つでも

また行きたくなるような

何かを感じられる

お店になっていないと

 

これからも厳しくなる一方だな

と感じています。

 

落ち込んでいる暇は無いのです。

 

 

このブログを読んでいる方の中には

いわゆる常連といえるお客様も

少なからずいらっしゃると思います。

 

どうなったら

何度でも来たくなるお店になるのか

気が向いたら

アドバイスなどをいただけたら

幸いです。

 

ぶっちゃけ

私達は大儲けしたい

とは思っておりません。

 

それよりも

 

地域に必要とされる

お店でありたい

と思っています。

 

 

そして

多くのお客様に

 

自信を持って

仕事をしてもらうための

ツール

(主に靴を)

 

提供するお店でありたい

と考えています。

 

 

当店の経営理念は

「心と体を健やかに」

です。

 

体を楽にするだけの

靴だけではなく

 

同時に心にも

 

堂々とした自信を持てて

何事も前向きに

立ち向かっていけるような

 

靴を販売しているからです。

 

 

リーガルは高い

と言う方がいらっしゃいますが

 

2~4万円というのは

靴単体として

表記されている値段としては

確かに安くはないでしょう。

 

なんなら1万円くらいで

見栄えだけは同じような靴は

いくらでも他の店で売っています。

 

ですが

その靴は1ヶ月も履けば

形が崩れてきて

 

1年も持たずに

底が剥がれてくる靴

かもしれません。

 

リーガルが3倍持てば

価格価値は合ってくるのです。

 

 

自信を持てる靴とは

道具として安心できて

それを履いている人

の格が上がるような靴です。

 

 

間違いなくリーガルはそういう靴

と言い切れる靴なのです。

 

他にはなかなかありません。

 

その良さを世間に広め

自信を持った人が日本に増え

世の中を良くしていく

 

というのが私達のミッション

なのです。

 

 

安売り店やアウトレットなど

価格そのものが安い店は

世間には多いです。

 

彼らには彼らのミッションがあり

それに従って

きちんと商売をしている店も

あるでしょう

 

ですが単に

いい加減な売り方をしているな

と思えるお店も

少なくありません。

 

それじゃ駄目なんです。

日本を悪くします。

 

サイズの合っていない

すぐヘタれるような靴を

買っていては

自信を持てるわけがありません。

 

 

私達は

買って欲しいとは言いません。

 

でも当店に来たら

自信が持てるようになります

とは言います。

 

それが私達

リーガルシューズ岡崎店なのです。

 

もし、職場や友人に

 

「この人にもう少し

自信をもたせてやりたいな」

 

という人が居ましたら

一度お連れ下さい。

 

私達がその想いを引き継ぎます。

 

 

今日は

ちょっと堅苦しいブログですが

新年度初めなので

あえて書いてみました。

 

私達の想いを感じていただけたら幸いです。

今年度もよろしくお願い致します。

 

2019年4月1日

リーガルシューズ岡崎店

尾崎 正紀