先日の満月の配置の通り、

その後、、

コロナの勢いが止まりませんね。

 

でも逆行中の木星が、

魚座から水瓶座へと戻ってきています。

 

年末に魚座に再入室するまでに、

同じ水瓶座にある土星と協力して、

牡牛座の天王星からの刺激も受けて、

俯瞰した視点から、

どんな立場の人にも平等(水瓶座精神)に、

根本的な改革と新しい価値観が

提供されることを期待したいところです。

 

 

この星まわりの刺激は、

私たち個人の中にも、

「今までとは違う、新しい価値観」や

「いつも俯瞰している開かれた目」や

「枠から自由になった冴えた意識」を

さらに、念入りに、

もたらしてくれると思います。

 

一見キツイことが起きても、

長い目で見れば、いま、必要なことだから。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

久しぶりに、占星術の

「プログレス(進行)の月」について書いてみます。

占星術の知識がない方には、

毎月の新月&満月のように、

太陽と月の引き起こす事象の

「拡大個人版」と、

思っていただくと良いと思います。

天を一周27日半で回る月に対して、

プログレスの月のサイクルは27年半。

長いサイクルで、

占星術などで意識しないと、気づかないかもしれません。

 

 

ーーーー

 

 

占星術では、出生図の「月」は、

感情や気分を表します。

 

プログレスの月(P月と略される)は、

その出生の月を起点として

ホロスコープを回っていきますが、

その道々で、、

ホロスコープ各所に内在されたエネルギーに触れ、

それを体験しながら、進んでいくと考えられます。

 

 

P 月が滞在するサインやハウスでは、

そのサインハウスを象徴するような物事が、起こります。

 

=「起こる」というよりも、

気持ちがそこを感じているから、

それをテーマとしてしまう、ということなのだと思いますが。

 

 

ーーーー

 

 

私のプログレスの月は、

もうほんとに、おかしいくらい、

ホロスコープの場所の気分をなぞって

進行しています。

 

自己暗示にかけたり、

自ら創造してしまわないように、

長年「気分」を「意識的に感じる」癖をつけて、

切り離して、確認をしているつもり。

 

 

検証してみると、

講座を一番たくさん開いていたのは、

P月が11H双子座にあった時だし、

学びに励んでいたのは9Hのとき、

サロンを開いたのは10Hのときです。

(P月9~11ハウスは社会活動へと意識が向く時期)

 

 

7Hは、ママ業から外に出たタイミングで、

8H入りでうつ病発症して、

9~11Hで社会活動に重点を置くようになって。

12H蟹座入りのタイミングで父の死。

その後、隠れていたテーマに

向き合う時期と、なりました。

そう、、12H滞在中には、

四国お遍路にも、行きました。

そして、アセンダントを越えたあたりで、

新しいサイクルが意識され、

2H乙女座入室では、夫や猫のケア役となりました。

 

 

占星術の知識がある方はわかると思いますが、

これ全部、サインやハウスの象徴通りの事象。

 

 

ーーー

 

 

もちろん、

天を回るトランジットの天体にも、

たくさん刺激をもらいましたけど、。

(オンザ冥王星×土星合したN火星、回復はまだ)

 

 

その時期の

「テーマ」や「マイブーム」は、

必ずプログレス月のハウスと

サインに依っているのです、私の場合。

 

なんて、単純なんだ、わたし。

 

でも、

三重円講座のクラスを開いていた時、

生徒さんのホロスコープたくさん検証しましたし、

P月と気分・起こった事象の一致には、

みなさんとても驚いていらっしゃいましたから、

単純なのは、私だけじゃないみたいです。

 

月と太陽の関係が、

潮の満ち引きや生物の生き死にタイミングに、

関係していることは、良く知られているけれど。

 

わたしたちもまた「生物」で、

自分の思考・意志だけで、生きているわけではない。

大いなるリズムや、

タイミングを与えられていることなのでしょう。

 

数年・数十年単位の大きなリズムと、

日々の暮らしの小さなリズムを

同時に、いくつも刻んでいる。

それが、私たちの暮らし。

 

そんなシクミを

占星術はわかりやすく教えてくれます。

 

 

ーーーーーー

 

 

夫と高齢猫のケアをしつつ、

新しい暮らし方を調整している

乙女座にある私のP月は、

今度は「分類・整理」のスイッチを入れてきました。

・・「分類・整理」これも、乙女座象意の王道ですよね。

 

切っ掛けはHPのリニューアルのために

icloudの写真整理を始めたことだったのですが、、。

あるはずなのに、

なくなってる写真とか、

同じ構図で何枚も撮ってある写真とかに向き合い、

(その時に選択・削除しないと、そのままですね💦)

どうにかせねばと、気になりだしました。

 

 

 

そしたら、、

下の子の小学校入学くらいまでで

力尽きて放置してしまった

(そのころ仕事を再開)

家族のアルバムも気になり始めて、

こんなサービスを調べたり。

 

 

 

そうなると、、

10年~6年前の2台のiPhoneに

入ったままの写真の救出をせねばと思い始めたり。

(2代目まではcloudにしてなかったので、

電源の入らない本体に、少し残っている可能性あり)

 

 

 

ここで確認しておくと。

 

iPhoneの写真整理についても、

家族写真についても、

今まで、

しようと思わなかったわけではなく、

ことあるごとに、気には、なっていました。

 

 

けれども、

日々の仕事や雑多な用事に紛れ、、

言い換えると、

「別の視点やテーマが常に優先されて」、

そこにまで、手が回らなかった。手を回さなかった。

 

 

それが、P月乙女座入りを切っ掛けとして、

「乙女座が象徴する視点やテーマ」のことが、

動き出した、動かしたくなった、ということなんです。

P月が乙女座入りして以来、

思えば、着物も本も服も、なにもかも断捨離中。

 

この番組の存在もつい先日知り、観るようになりました。

 

 

 

 

 

この番組は、

2017年にスタートしているのに、

私は、このタイミングで知ることになる。

・・そんな風に、P月は、

必要なもの、必要な事象、欲しいものを連れてくる。

 

 

出生図の月は、

生まれながらの潜在的欲求なわけですが、

「P月」は、その時々に気づき、

対面する欲求なのだろうと思います。

 

 

「思っていなかったわけでは、ない」

「感じていなかったわけでは、ない」ことに、

向かい合う機会を連れてくるのが、P月の役目。

そして、「気分・感情」こそが、

小さな選択を変え、事象を起こしていく。

小さな事象が集まって、

だんだんに、大きな流れを創り出す。

 

占星術は、

その自分のタイミングの傾向を

俯瞰して予測したり、

利用したりすることができます。

また、

過去にさかのぼって、検証することもできます。

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

占星術は、

人生後半になればなるほど、面白いです。

検証できる人生経験が、たくさんあるからです。

 

「あの時、なぜあの選択をしたんだろう」

「あの切っ掛けから、流れができたんだよなあ」

「あの人に、あの時会ってなかったら、、」

 

宇宙視点を得ることで、

その根底に流れる魂の望みと、

そのために体験してきた悲喜こもごものすべてが、

繋がって意味を成し、

あなたにだけしかわからない、

(出生図にあるエネルギーが元だから)

壮大な物語が立ち現れてきます。

 

宇宙のサイクルが完璧で美しいように、

私たちの人生もまた、完璧で美しい。

 

人生前半に自分を脇に置いて、

しなければいけないことを優先してきた人こそ、

終活には早すぎる50代、60代の方にこそ、

「自分に還り、自分らしく生きる」ために

占星術が見せてくれる宇宙視点や魂の視点を

取り入れて欲しいなと、思っています。

 

 

 

現在、占星術講座は、

・「占星術はじめて 1Day講座」

・「占星術基礎 ベーシック6回」

個人レッスンのみで、受付中です。

 

 

 

 

 

■合田三知花@Room1213■

 

宇宙意識に目醒めて、喜びに生きる
占星術とスピリチュアルワーク

 

 

 HP/セッション/占星術レッスン/お問合せ


オンラインはzoom,Skypeなど
対面は青山・銀座・吉祥寺

 

 

セッションルームは、

消毒・換気を十分にしてお待ちしております。