2020バリの旅③備忘録 懐かしのホテルとクタの町 | 月と太陽のセラピー  占星術とエナジーワーク@東京荻窪 room1213

月と太陽のセラピー  占星術とエナジーワーク@東京荻窪 room1213

Room1213は、東京・荻窪の隠れ家サロン。西洋占星術とエネルギー・ヒーリングのセッションと、そのスキルをお教えするスクールをしています。ホロスコープリーディングや宇宙に繋がる方法を知り、あなた本来の才能を開花して、Happyに自由に生きていきましょう!

 

占星術の叡智と

スピリチュアルなワークで、

変容と再生をサポートする

荻窪Room1213

アストロセラピスト合田三知花です。

 

 

***

 

 

 

老後の楽しみ旅行備忘録。

バリ島への旅③です。

 

 

ーーーーー

 

 

夕刻にバリに到着した私たち、

送迎トラブルで疲れてしまい、

荷物の整理をして、早々に休みました。

 

 

到着が暗くなってからだったので、

朝、コテージからレストランに向かう道で、

懐かしのホテルの全景を見る。

 

 

30年前と、

敷地や建物の雰囲気が、

ほとんど変わってないことに気が付きました。

 

 

30年前と、時空が繋がってしまいます。

 

 

バイキングの朝食。

お米もパンも、バリ料理も西洋料理も。

とても豊かな気持ち。

 

 

私はパンケーキで。

とても気持ちがいい空の下に、席を取る。

 

 

この日は朝食後、

クタの町へ出る予定にしていました。

でも、

昨日のトラブルが後を引いて気が重い。

 

LINEで挨拶を済ませたガイドSさんにも、

メッセンジャーで到着をお知らせした

智恵美さんにも、

「クタは危ないから、気を付けてね。

東京で言えば〝新宿”みたいな感じよ」と、

アドバイスされていました。

 

・・私、新宿好きじゃないし。

 

もう、クタはいいから

ホテルのプールでまったりしたい気分。

 

ーーーー

 

 

しかし夫は

ショッピングセンターでゴム草履を買う!

という、くだらない目的と、

行ってみたいワルン(町食堂)で

お昼を食べたいと、予定を曲げない。

 

心の友を胸に、

仕方なく出かけることに。

 

 

 

 

ホテルからの

シャトルバスを予約して、

いざ、クタへ。

 

ーーーーーーーーーー

 

 

シャトルバスが到着したビルには、

「SOGO(そごう)」マークが張り付き、

2Fテラスにはスタバが入っている。

ひょー、、私の知っている

30年前のクタとは・・(以下略)

 

クタの町の広くはない道路は、

車とバイクが隙間なくギッシリ。

人は、その間を縫うようにして道を渡る。

 

それでも、

歩いていればそこにもあそこにも

お供えの花がある。

それは今も昔も変わらない。

 

 

バリ島の名前は

「神への捧げもの」を語源とする。

 

 

前にバリに来たときは、

空港を降りると、

むせかえるような独特の匂いがあって、。

次の年来た時に、懐かしく思ったものだった。

 

その匂いが、今はほんの微かにしか、しない。


 

それが、

お供え花が土に還る匂いだと

気が付いたのは、帰る少し前。

今は、そのまま土に還さずに、

始末してゴミとして捨てるのだそうだ。

 

衛生的ではあるのだろうが、

あの匂いこそが、

私のバリの記憶だったので、

ほんの少し寂しく感じた。

 

ガイドSさんにその話をしたら、

年に数回のお祭りの時なら、

その匂いがすると思うよと教えてくれた。

それをまた、嗅いでみたいと思う。

 

 

ーーーーー

 

 

暑い中を歩いて、

夫念願のバリのスーパー!!へ到着。

 

いやこれさ、、

西友でよくない?

・・と思いつつ、我慢がまん。

 

スナック菓子とゴム草履を買ってました。

 

 

次は、

夫希望のワルン(町の食堂)を目指す。

 

 

地図に書き込んできたけど、

なかなか見つからず、路地を右往左往。

 

自転車に乗る子どもを見て、

子どもたちが小さいころを想う。

 

 

ちょっと前の日本の風景。

自分が子どもの頃の、

路地の日差しを思い出す。

 

 

ようやく見つけた

「ワルンニックマット」。

ガラスケースに並ぶおかずを

ごはんに盛り合わせてもらう。

「ナシチャンプル」を食すのだ。

 

 

店員の男性が

夫の注文を聞いてくれる。

私は、おばちゃんが盛ってくれる。

指さし確認で、好きなおかずをアピール。

 

 

さて、いただきます。

 

 

夫は、チキンとビーフと、野菜を2種。

私は、トウモロコシの天ぷら、

豆苗の炒め物とトーフ、ナッツの炒め物

(ピーナツ味噌みたいな)というベジ。

 

どれもこれも、美味しかった。

 

・・・ところで、

テーブル上の値段札を

見て欲しいのですが、

夫が6000ルピー(500円くらい。)

私が14000ルピー。(1200円くらい)

 

明らかにおかしい。

 

後でガイドSさんに聞いたところ、

やっぱり野菜より

お肉の方がお高いそうなので、

 

夫は現地値段にしてもらえたけど、

私は観光客値段になったということみたい。

美味しかったからいいけどね♬

 

目的を2つ果たしたので、

お土産物屋を冷かして

木製の調味料入れなど買い物をし、

安心安全な涼しいスタバへ避難。

 

 

シャトルバス迎えの時間までは、

海岸の方へも出てみました。

 

 

この景色を前に振り向くと、

SOGOが入るショッピングモール。

 

 

私が知るクタとは・・(以下略)。

 

 

ホテルのシャトルバスは、

迎え時間になっても

なかなか現れないし

(渋滞で15分くらい遅れ)、

待つ場所は発着所のため、

物売りやタクシーの声かけがうるさくて

落ち着かなかったのだけど、

特に危険なこともなく、ホテルへ戻れました。

 

 

ささ、プールに入ろう。

 

 

 

 

 

 

■合田三知花@荻窪Room1213■

 

 

西洋占星術の叡智とスピリチュアルレッスン

 HP/セッション/占星術レッスン/お問合せ

*セッションと個人レッスン、2月予約枠少なめです。