今週に入って、
アクセス数が通常の2~3倍の日があり

なにごと?

と思いました。

たぶん、検索機能で

発達障害、アスペルガー
普通級、支援級などなどで

私のブログにたどり着いた方なのかな?と。

小学校と中学校の就学問題には
何にも参考にならないブログです。

娘は中学校卒業まで普通級でしたから
支援級のことは何もわかりません。

中学校卒業後の進学が
特別支援学校の高等部です。

普通級から特別支援学校へ進学が可能だと
いうこと、
療育手帳の取得の話。
発達障害の普通級に通っている不登校の子が
こういう進学先もありますよってことを
経験したので書いておこうと。


発達障害で不登校な娘は
通信制高校か定時制高校に進学するつもりでした。

中3の夏から不登校だったので
内申点がある程度ありましたし、
(行ける高校もありそう?でも不登校だし…みたいな感じでした)
普通級だったのでそれ以外の
進学先は中学校からは言われませんでした。
何度も書きますが、支援学校進学の話しを
きいたのは、通っていた発達外来でです。
学校からは言われてません。

発達外来で
「こういう病院は情報が集まっているから、利用して欲しい。学校から提案されないこと(学校が提案しにくいこと)を親が言えば、学校が動いてくれることがあるから」と。

娘はいろいろ周りに恵まれていて、
担任の先生が前任地で支援級を
受け持っていたこと、
教頭先生が、前に教育委員会で
不登校の生徒を支援する活動をしていたこと、
発達外来のソーシャルワーカーさんが
支援学校に知り合いの先生がいて、
(発達外来に通っていた子が支援学校に進学する
ことが多いのでつながりがあるようです。)
私達親子のことを話してくれたこと、
ソーシャルワーカーさんが教頭先生のことを
知っていて、話しをすすめてくれたこと、
などなど、ラッキーだったんです。

発達外来に通っていたから
つながった進学です。


親が動かなきゃ
何も情報が入ってきません。

もし、支援級かな?普通級かな?と
迷っているなら、話しを聞きに
動いてみてください。

こちらから動かないと
「困ってない」「問題ない」と思われます。


娘はずっと普通級で
発達障害(アスペルガー)の診断がでても
支援級の話しは出ませんでした。
私から支援級になるんですか?と聞きましたが
普通級です。と…
(IQの数値だけで判断されますから)

娘は支援級にいきたかったようですし、
(自分が発達障害だとわかってたので)
支援級から支援学校に進学してれば
今のような状態にはならなかっただろうと
思います。
もう少し、自己肯定感が高かっただろうなと。




追記です↓
支援級じゃなくて、普通級を希望する方が
多いと思います。
(普通のほうがいい!その気持ちはわかります)

でも、普通級に適応できなくて
二次障害がおこり、娘のように不登校になったり、「自分はみんなと同じことができない」と
自己肯定感が低くなることがあります。

普通級で、大丈夫、伸びる子がいますが
娘のように無理をして、学校がトラウマになる子もいます。

支援級判定ですと言われたかった
親子もいることを知ってください。

そう言われれば、
そうなんだ、支援級なんだって
娘を支援級にいれたのに…。