ゆづと女性週刊誌

テーマ:

ゆづファンのみなさんこんにちわヾ(*≧∇≦)〃

さっそく2本目。

 

 

ゆづの人気がどんどんあがっていくのと同時に、湧き出てくるウザ~い雑誌『女性週刊誌』の類。

私が記憶している中で、女性週刊誌にはじめてゆづの記事があがったのが、ソチ五輪の時だったと記憶しています。

それ以前にも、もしかしたら出ていたのかもしれないけど、もともと女性週刊誌に興味のない私は、「羽生結弦」という名前が出ただけで反応してしまいました。

 

 

女性週刊誌にも、ゆづの名前が載るようになったのか~・・・。

 なんて事を最初は思ったりもしたけど、中身を読んでみると、『はぁ!?嘘だらけのオンパレードやん怒って、怒ったのを覚えています。その時の女性週刊誌のタイトルは、今でも忘れられません。

 

 

 

『羽生結弦ベッド写真流出』

 

 

なんてタイトルだったんですよ。

タイトルからまず下品サゲ

覚えのある人いるでしょう。さすがに。

でも、ソチ五輪以降ゆづファンになった人は、この写真が女性週刊誌に載った時、疑った人とかいるんじゃないでしょうか?

そういう記事の書き方だったので。

 

 

相手は、韓国のフィギュアスケート選手、クァク・ミンジョン。

2011年の四大陸選手権の時、みんなで遊んでいた時に撮ったツーショット写真をソチ五輪後、ツイッター画像に再びあげたのが原因でした。

昔からゆづを応援している人は、すぐに気づきますよ。

ゆづの顔が幼いもん。

 

 

なのに、「2人はとても仲がよくて恋人同士に見えました」(フィギュアスケート関係者)とか、「クァク・ミンジョン選手もオーサーに師事していますし、お互いの部屋を行き来するなんて当たり前のこと。クァクもこんな写真で世間を騒がせる暇があったら練習したほうがいいのではないですか」(前出関係者)

 

 

まず、関係者って何?

って感じなんですけど(笑)

関係者とか言いながら、言ってることは嘘ばかり。

絶対関係者じゃないし。

クァク・ミンジョンがオーサーに師事していた時は、ゆづは奈々美コーチでしたし。

 

 

そして、この写真は何もソチ五輪の時にはじめて出したわけではなく、四大陸選手権の時に仲良くみんなで遊んでいる写真を当時もあげてましたよ。

 

 

クァク・ミンジョンがソチ五輪の時、「おめでとう」ってツイッターであげたのが原因で、女性週刊誌が食いついたんだろうけど、クァク・ミンジョンのTwitterがそれで炎上して結局はこの写真は削除されてしまったんですけど。

私的にはこういう昔のゆづが、トランプして遊んでる姿なんて貴重~ドキドキなんて思って残しておいたのに、女性週刊誌のせいで怒

 

 

 

当時は私はスマホというものを持っていなかったんですけど、今はスマホで「羽生結弦」というキーワードを設定しておくと、ゆづの最新のニュースとかがズラッって出てきますよね。

新しい記事がでるたび、『おっキラキラ音符』ってなるんですけど、女性週刊誌のも一覧に表示されるのが、ホント嫌。

とりあえず私は目を通しますけど、もし読む人がいるなら、女性週刊誌が書いている内容など【嘘のオンパレード】と思って読んだ方がいい。それか読まないかですね。

 

 

 

私らファンを混乱させるのが狙いなのかどうかは知らないけど、私は「あっ、そう」ですませられるんですけど、書かれているのはゆづ本人の事だし、こういう嘘だらけの記事でゆづが傷つくのは嫌な私らファン。

ホント、あることないこと好き放題書いてくれますよね。

こんな嘘オンパレードな記事で、散々ゆづが傷ついてきたかと思うと、はらわたが煮えくり返りますわ怒

あのCwWでのゆづの切実な想いを女性週刊誌は、これっぽちもわかちゃいね~な。

 

 

 

今やフィギュアスケート雑誌や、フィギュアスケートコラムなどが多い中、本当にフィギュアスケートというスポーツを理解し、羽生結弦という選手をリスペクトして書いているなぁと思う記事は、ファンなら1発でわかるし、そういう雑誌やコラムがファンの間では人気となる。

そういう記事を読んでいる方が、遙かにゆづの事をもっと知れるし、ゆづの魅力もたくさんわかると思う。