闘いを選んだゆづ

テーマ:

ゆづファンのみなさんこんにちわ~(*≧∀≦*)

前記事はちょっと暗い内容になってしまいました汗
昨日のコラムにいいなぁと思うものがありました。
 
 

 

羽生選手が今年中に4回転半ジャンプに成功すれば、30年ぶりに半回転、40年ぶりに1回転追加ということになる。

ユーチューブには、かつて遊び半分で4回転半にチャレンジした映像もある。

ほぼ4回転半を回り、惜しくも着氷で転倒している。 案外あっさり成功させるかもしれない。

ただ、焦りは禁物だし、4回転半ジャンプに成功しても演技全体が十分な出来でなければ、完璧を目指す本人も納得はしないだろう。

まずは右足首の故障をしっかりと治し、平昌五輪での激闘の疲れを十分取り除くことだ。

万全の体調に戻せば、結果は自然についてくる。

-一部引用-

 

 

ここに書かれているコラムは、本来なら五輪連覇で引退してもおかしくないのに、あえて厳しい勝負の世界にとどまった事が鉛筆されていました。

 

 

私も実際、平昌五輪でゆづは現役引退するだろうと思っていたんです。

ゆづも以前それらしき事を口にしたことがありましたし。

「バラード1番」「SEIMEI」を勝負のプログラムとして選んだ時、やっぱり引退するだろうなって思ったの。

でも、ゆづは迷わず現役続行を表明し、CwWでは『あともう少しだけ競技を続けます』って言ってくれた笑顔2

アイスショーで見るゆづより競技会で見るゆづが好きな私にすれば、すごく嬉しい言葉だった。

 

 

『今のモチベーションは4Aだけ』

とも言っていたけど、本当のところはどうなんだろう?

もう何度も何度も足の故障を繰り返して、それでも闘うことを選択したゆづ。

 

 

でも、たしか2015年のDOI新横浜公演のフィナーレで、SEIMEI衣装を着ながら4Aに挑戦してましたよね?

お客さんとぶつかってしまったけど(笑)

私、この時現地観戦していたけど、あれゆづは「もうちょっとだったねキラキラ」みたいなしぐさをしてました。

 

 

ゆづももう少しだけ、この厳しい世界で闘いたいって思ってるのかな。

五輪連覇をしたあとでも、さらなる高みへと目指すのか・・・。

ゆづがスケート界の神だという皇帝プルシェンコもバンクーバー五輪の後、引退したけどソチ五輪の前に現役復帰しましたよね。

プルシェンコもエキサイティングな競技会に出場するのが好きだって言ってたし、そのプルシェンコの意志もゆづがContinues(継承)しちゃってるのかな~なんて思ったり*ポッ*