国民よ、民主党と、蓮舫の『仕分け』の失敗を忘れてはならない | 憂国の魔窟/まつしたまさよの護国道まっしぐら

憂国の魔窟/まつしたまさよの護国道まっしぐら

日本には教育勅語を!自主憲法制定!自虐史観払拭!ギターボーカルで3つのバンドやってます。LED ZEPPELINのコアファン。4人子供。

人気ブログランキングへ←流星湘南堂を応援よろしくおねがいします!

このような災害の後、まだ今後の政治について語るのは憚れることかもしれない。
が、敢えて言わせてもらおう。日本人は忘れ易い国民だから、忘れないうちに、重要なことのひとつをはっきりとさせていかなければならない。

これについては、現在発売中の「月間WiLL 5月緊急特大号」の111ページにある水島聡 チャンネル桜社長の寄稿から考えさせて頂いた。

引用はじめ------------------------

誰もが知っているように、蓮舫氏は「仕分け」で名を上げ、「行政刷新」(仕分け)大臣を拝命した人物である。驚く理由は、彼女が「仕分け」したり廃止したものを挙げてみると分かる。


  1. 防衛費(自衛隊災害休出活動の縮小)

  2. スーパー堤防(百年に一度の大震災対策は不要との理由)

  3. 災害対策予備費(生活保護枠拡大[母子家庭]の財源化)

  4. 地震再保険特別会計(子供手当の財源化)

  5. 耐震補強工事費(高校無償化の財源化)

  6. 学校耐震化予算(自民党が推進していた政策)

  7. 石油と塩の備蓄(仕分けパフォーマンスの生け贄)

  8. 除雪費用(蓮舫が東北地方整備局を目の敵にした、結果は現在の大災害)



つまり、蓮舫大臣が仕分けし、廃止した項目全てが、現在の大震災被害に直接つながる予算だったということだ。よくもまぁ、管総理は彼女を任命したものだし、蓮舫氏も節電啓発大臣など引き受けられたものである。両氏の厚顔無恥ぶりは措くとしても、まず、自分たちの「仕分け」判断が完全に誤っていたことを公表すべきだろう。しかし、この事実をテレビメディアは一切報道していない。

引用おわり-------------------------


テレビが言わないなら、是非我々の手で拡散させ、今の政府、そして特に蓮舫氏はすぐさま解任させないと、日本国家が益々危険に晒される決断を今後も繰り出してくる可能性があることを認識し、辞任させるのだ。



『日本解体』を目論んでいると思われても仕方がない、台湾外省人の血筋、蓮舫。彼女は、頭の先から足の先まで、日本人ではなく中国人だ。精神は、台湾人ですらない。


日本よ!これからも世界のトップを走り抜こう!
↓
↓
↓
応援ヨロシクお願いします!(‐^▽^‐)
人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 保守へ



応援して下さると励みになりますо(ж>▽<)y ☆
.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪

まつしたまさよ→facebookもよろしくさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス