ワークライフバランス 大田区の女性社長日記

「ワークライフバランス」とは、働く人がやりがいのある仕事と充実した私生活のバランスをとりながら、個人個人が持っている能力を最大限に発揮すること。それが私の人生の指針です。


テーマ:

仕事帰りに書店に寄ったら、先日、取材を受けたムック本が店頭に並んでいました。

『社会人&学生のための大学・大学院選び』(リクルート)というものです。

特集は、「新しい自分と仕事手に入れた社会人62人の実例レポート」。


少子化のいま、大学全入制になることだし、パイを社会人に広げるために、どの大学でも、社会人枠を拡大してますね。大学もこれからは生き残りをかけて必死になるんだろうなぁ。


ぱらぱらとページをめくっていたら、、、自分を発見。


くー、顔パンパンじゃん。。。


ゼミ生に笑われそうだなぁ。


ムック本

#本日の5つのよいこと。

1.大田区長と面談ができた。

2.大田区産業振興課長と面談ができた。

3.リクルートのムック本を発見!

4.新しいサイト制作の仕事が入った。

5.滋賀の出張が決まった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

gooがブログ通信簿サービス なるものを始めたらしいです。

操作はいたって簡単! 自分のブログのURLを入力するだけです。

さて、このblogはどう評価されているでしょうか?


結果は、、、「気楽度5」っていったい、、、?!


通信簿



#本日の5つのよいこと。

1.PPTの資料をなんとか完成した。

2.闇男。のメールが面白すぎ!

3.某ポータルサイト制作のお仕事依頼があった。

4.LLPのパンフが完成した。

5.かわいい観葉植物をゲットした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「海の日」の今日、巷では海水浴で盛り上がっていたようですが、私は美術館へ向かいました。


目黒駅から歩くこと10分、向かったのは東京都庭園美術館。
ここで、私の大好きな彫刻家「舟越桂 夏の邸宅」展を観ました。
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/funakosi/index.html


舟越桂


大理石の瞳に、あわく彩色された木彫。その表情は時には泣いているように、また時には怒っているようにも見えます。
そして近年は、両性具有の「スフィンクス」シリーズを発表し、細く長い首に、獣のような長い耳を持つ「人間界の外」にいて、人間を見つめる姿を表現しています。

以前、芸大の資料館で観た作品もいくつかありましたが、充実した作品群で、庭園美術館の内装にもマッチしていて、見ごたえ十分でした。


目黒通り沿いは、おしゃれなお店がいろいろあって、それもまた楽しみのひとつでした。

帰りはテディベアの専門店に立ち寄って、アンティークのぬいぐるみを鑑賞し、目の保養をしてきました。


#本日の5つのよいこと。

1.大量の洗濯物を干してすっきり!

2.エクセルのデータ分析をアンチョコ片手にどうやら始めることができた。

3.東京都庭園美術館の緑が目に涼風をひきこんでくれた。

4.舟越桂の作品群がすばらしかった!

5.今年初めて素麺を食べ、夏を実感!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、経済産業省関東経済産業局の「地域資源活用販路開拓等支援事業」に採択決定したことは、このblogにも書きました。


本日は、その関係で秋葉原のデジタルハリウッド大学院へうかがいました。
こちらの三淵啓自教授 に、セカンドライフ内に大田区のバーチャル工場を製作するにあたり、製作総指揮のご依頼をするためにうかがったのです。おかげさまで即決で快諾してくださいました。


町工場とデジハリ。

この異質なものをマッチングさせて、どう付加価値を生み出していくか。

なによりも自分自身がワクワクして楽しんでいます。


#本日の5つのよいこと。

1.某調査研究事業でうかがった工場のお話がとても面白かった。

2.LLPに協力者が名乗り出てくださった。

3.デジハリの三淵教授が経産省の補助金事業の総指揮をしてくださることになった。

4.『メイド・イン・大田区』の見本誌が届いた。

5.久々に早く帰宅できた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メイド・イン・大田区
いよいよ7月22日に新書版『メイド・イン・大田区』(静岡学術出版)が発刊になります。

発刊に先駆けてAmazonでは、もう予約販売がスタートしていました。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%8C%BA-%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%80%81IT%E3%81%AB%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%86-%E5%A5%A5%E5%B1%B1-%E7%9D%A6/dp/4903859169/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1216001002&sr=1-1

発刊のチャンスをくださった静岡学術出版、そして「ものづくり新書シリーズ」のコンセプトを書いてくださった(財)大田区産業振興協会の山田専務理事に心から感謝申し上げます!

#本日の5つのよいこと。
1.Amazonで『メイド・イン・大田区』の予約販売がスタートした!
2.、「法政大学大学院政策創造研究科修士課程に在籍。
地域雇用政策について研究中にSさんからの差し入れで満腹感(幸福感?)に満たされる」
3.カメの水かえをして、いい汗をかいた。
4.息子が元気に野球の練習から帰ってきて、カツカレーをモリモリ食べた。
5.夫が真っ黒に日焼けして帰ってきた。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

午後から思うところがあってお墓参りに行きました。
亡くなった祖母の命日が7月23日。そして『メイド・イン・大田区』の発刊日が7月22日。

なんだか行かずにはいられない気がしたんですね。



私の実家のお墓は、東神奈川駅から徒歩5分ほどにあります。
室町時代に建てられた慶運寺というところで、通称「うらしま寺」と呼ばれています。開港当初、この寺はフランス領事館にも使われていたそうです。


浦島寺1


別名を「うらしま寺」というのは、浦島太郎に関して様々な言い伝えがあることから。太郎は、竜宮城から父を探して神奈川の地にやってきたのですが、父は死んでしまっていた、という話です。

有隣堂のサイトに、この浦島太郎伝説については詳細が掲載されています。



浦島寺2

門前には亀の石碑があるんですが、この亀ってば、泣いているように見えます。。。

そういえば、私の母は「うらしま寺」じゃなくて、「かめのこ寺」って呼んでたなぁ。

確かに、亀が象徴的ですけど(笑)


墓前に手を合わせると、なぜかほっとします。
先祖は大切にしないとね。


#本日の5つのよいこと。

1.家族全員で、笹に短冊をさげて七夕飾りをした。

2.カメのユースケの水回りの掃除ができた。

3.お墓参りに行って来た。

4.息子の全国模試の成績がまぁまぁだった。

5.マッサージで全身の疲れをケアできた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

…ってわけでもないですが、本日、静大の先生とイタリア文化館へ行きました。ここ、建物が真赤です。。。


イタリア文化会館

お目当ては、フェラーリのデザインで世界的に有名な奥山清行さんhttp://www.kenokuyama.jp/セミナー


世界を相手に自分との闘いを続けてきた人。
そしてなによりも「ジャパンブランド」を復活すべく、故郷山形で数々のプロジェクトを手掛けてきたお話が、大変興味深かったです。実際、私も奥山さんがデザインして、山形の老舗の鋳物屋さんが制作した急須「繭」をネットショップで買ったこともあります。でももったいなくて使っていませんが(笑)。オフィスの棚に鎮座しています。


セミナー終了後、先生と一緒に奥山さんのところへご挨拶に行き、少しお話ができました。

「あれっ、同じ奥山ですね?」ってにっこり微笑まれてもう、デレデレの私です。

「ここのチタンの加工技術は世界一」と絶賛していた鯖江産のメガネもさりげなくチェックです。


ほぼ同年代で、同じ武蔵美出身。ひょっとするとキャンパスのどこかですれ違っていたかもしれません。そう考えると楽しいですね。


先生は静大の特講で、奥山さんに講師をお願いしたいと熱くご依頼していました。実現するとよいなぁ!

ちなみに私はすっかりミーハー根性丸出しで、奥山さんの著書にサインまでいただきました。


伝統の逆襲

サイン

#本日の5つのよいこと。

1.イタリア文化会館の展示が素晴らしかった。

2.セミナーがすごく熱くてよかった!

3.奥山清行さんにサインをしてもらった。

4.息子が「今日のテストはバッチリ!」とうれしそうに話してくれた。

5.ブランド関係の本が2冊手に入った。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。