はー、月末。。。

テーマ:

 経営者になってからもう16年目になるのだけれど、月末が無事に終わると、本当にほっとします。

ナンセ、お金がなかった惨憺たる時期を経験してきましたからねー。


ヘンな話ですが、給料や外注費を無事払い終わると、安堵感があるのです。しかも今日は、法人税も消費税もしっかり払いましたよ~(泣)


 それから新たに個人経営のコンサルティング、カウンセリング専門の会社を7月に立ち上げる準備をしています。この会社は、いわば夫婦の老後用のアジト。


 これからの後半生、少し楽しみながら生きていきたいものです。

AD

取材

テーマ:

 午前中、梅屋敷のとある町工場に、出版社のご担当&カメラマンさんとともに向かいました。

先日、この工場の社長がCMSのサイトをオープンさせ、ご自身が更新・管理の指導を受けたので、その詳細をお聞きするための取材です。


 1時間半くらい、お話をお伺いしました。この社長とは、もうかれこれ6年くらいのお付き合いになるのですが、異業種交流会で見せる顔とはまた違って、仕事場でお会いするとさすがに雰囲気が違いますね。新鮮な驚きでした。


 工場部品があちこちに転がっている銀色の空間。ここ、大田区ではごくありふれた風景でもあります。



詳細は6月9日更新のアスキービジネスオンライン で。

AD

 昨日は9:30-17:30まで、渋谷で講習を受けてきました。

キャリア・カウンセリングの領域のひとつである、メンタルサポートについて。


最近、個別カウンセリングを受けられる方で、ウツ症状の方が多く、どこから専門医にリファーするか、というのが私自身の課題になっていました。


キャリア開発不全の場合、メンタルサポート不全の場合の行動特性の違いについての講義、明らかにメンタル不全の場合のクライエントを想定したカウンセリング演習など、ぎっしり内容が詰まった講習でした。


しかし、、、さすがに7時間講習は疲れました。

昨夜は、もう10時にはバタンキューでした。。。。

AD

連載始まりました。

テーマ:

 アスキービジネスオンライン で、本日より連載が始まりました。

渾身のルポルタージュ(になるはず、、、)です(笑)


大田区スタイル ~産官学連携×ITでものづくりの復活を!~
第3セクターの失敗から民連携のIT化支援ビジネスへ



 というわけで、本日も取材のアポどりやらタイ行きの打ち合わせやら、講師依頼を受けたり等々、わさわさしておりました。


次回は6月9日更新です。

挨拶回り。

テーマ:

 今日は出版社の編集長とご担当と一緒に、大田区の要職者にご挨拶回り。

26日からアスキービジネスオンライン で12回の連載コンテンツが始まります。

連載終了後、書籍化することにもなっているので、そのための取材協力要請です。


 

「世界に冠たるものづくりの町」・大田区。その高度な技術を継承させるための行政施策とは、産官学連携とは、人材育成とは、IT活用とは? 大田区という町のグランドデザインを探っていくと、中小企業生き残りの秘密が見えてきます。

バタバタ。

テーマ:

 なんだかバタバタした1日でした。

午前中は、取材をしたり、社労士さんと打ち合わせをしたり。


その合間に原稿を書いて、午後から厚生労働省の方が来訪。今年度、厚生労働省が育児中の女性起業家支援の委員会を設けるそうで、その委員に、というお話でした。私は主に、女性起業家支援のためのポータルサイトの検討に携わるようです。


 1円起業が恒常化し、誰でもがすぐに起業できますが、実は育児や介護の狭間で会社経営をしていくのは、半端な気持ちじゃできないっす。。。その人の環境に合った会社のサイズ、スタイルもありますしね。少なくとも起業してすぐに「上場」と口走る輩に、現実を知って欲しいと思う昨今であります。細く長く続けるのだって、実は大変なことなのだよ。

鋭意執筆中。

テーマ:

 日曜日の全貌。↓

・朝、起きたらすでに夫の姿がない。そうだった、ゴルフに行くといっていたっけ。ヤバイ、寝坊してしまった。。。かわいそうに朝食抜きで出かけた夫。


・それにしても肩が~っ! 痛くて腕が上がんないよ~。また50肩の前兆? やばいな、こりゃ、、、というわけで、朝からマッサージに駆け込む。


・CATVの周波数検査日だったので、しばらく自宅待機。めんどくさ。。。


・暇まくりの息子と平和島へ行く。息子はバッティングセンター、私はプールへ。上がらなかった肩の可動域が徐々に広くなり、水泳の効果を実感。1時間後、待ち合わせをして、おなかがすいたので2人でラーメンをすする。


・自宅へ戻ったら、すでに夫が帰っていた。ちゃんと洗濯物がたたんである(笑)


・夕食後、泳いだ疲れからか、知らない間に熟睡。ぱっと目を覚ましたら日付変更線を越えていた。



……というわけで、熟睡して体調が良かったため、WEB原稿の制作にとりかかる。頭冴え冴えでイイ感じで筆が進む。実は金曜日に原稿の督促が入っていたのだが、なんせビジネスショウに行っていたので、レスができなかった。ほーい、これでOK!とメール送信。担当者が出社する頃には、原稿が着いてますよ。良かった、良かった。

女性起業家と中小企業支援。

テーマ:
 東京ビックサイトで開催された、ビジネスショウTOKYOの「女性起業家は、中小企業をどこまで支援できるか?~ブログ、SNS、PDAの利用をはじめ、各種のノウハウを大公開~」というオープンセミナーにパネリストとして参加した。
モデレーターは「渋谷ではたらく女社長」の伊藤淳子さん、パネリストは「府中」の傍嶋恵子さん、「板橋」の森田直子さんと「大田区」の私。それぞれが地域を冠言葉にブログを書いているのも共通点だ。それから飛び入り参加で、元・富士通のGW-NETというパソコン通信全盛時に、女性起業家ネットを仕掛けた横堀さん。
 伊藤さんは長年メディアの世界にいる人間だけに、パソコン通信時代のフォーラムに現在のSNSのルーツを見る、といった論旨の展開がユニーク。また農ビジネスの地域発信にも情熱を燃やしているので、山形や五島列島の現場の状況を紹介。
傍嶋さんは、テクニカルライターとしての経験が長く、書籍のインタビューなどを通して感じた、生活・仕事におけるブログ、SNS、PDAの活用の有益性を、保険ジャーナリストで板橋の女性起業家ネットワークの事務局をしている森田さんは、ブログやML活用による遠隔地における仕事の進め方を紹介。横堀さんは、長年のシステム開発の現場の経験から、現在のIT活用は昔とどう違うか、どういうスタンスをとったらよいか、というような話だった。
 私は、地域の産業施策、町のグランドデザインとしてのIT活用のスタンスで、大田区にまつわる話を紹介した。このブログでも何度も書いているが、大田区の中小製造業は最盛期9000社あったものが5000数社に激変している。もはや、淘汰は待ったなしだ。生き残りをかけるには、地域全体のデジタルデバイドを解消し、優れた技術力を、世界に向けて発信していかなければならない。この地域にいると、アジアの中の日本、世界の中の日本を考えざるをえない。その上でのデフェクトスタンダードとは何かを模索せざるをえないのだ。
 最後に、主催者側が招待したであろう、横浜の女性起業家の発言に違和感が残り、どうしてもひっかかった。主催者側が、彼女に自己紹介を促すと、こう言ったのだ。
「横浜で起業して1年になります。みなさんも一緒に上場を目指して頑張りましょう」云々。

は???

あなたのリソースは何で、何を目的に起業しているのですか? 自己紹介と言われて、業務内容も紹介せずに、なぜはじめに「上場ありき」なんですか?

 この彼女の発言に関しては、あとでパネリストの面々とお茶したときも、ひとしきり話題にのぼった。一言で言うと、「いるよね、ああいう起業家」。
 私はキャリア・コンサルタントの顔も持っていて、個人のキャリアデザインを支援する活動もしているが、一般的にいわれる「勝者」「敗者」の概念と、個人のキャリアデザインにおける位置づけは大きく違う。キャリアデザインにおける「勝者」とは、「個人が充実した人生を送るためのキャリアの選択」だ。
 上場をにらんで企業活動をするのも、大いに結構。ただし、個人の人生にとって、上場は決してゴールではない。そのためにどうするか。その先はどうするか。ぜひ、考えて欲しいと思う。

侮れない男。

テーマ:

 昨夕、帰宅すると子供が寝室から、ぬぼーっと現れて、こう言いました。


「今日、4年とぶつかっちゃってさー、お互いにしばらく動けなかったよ」。


彼の学校は中高一貫校ですから、全体を6年制ととらえ、「4年」=「高1」のことなんですが。


 中1の時、ふざけて同級生同士がドミノ倒しになり、一番下にいた子は歯を折っちゃったり、中2の時は、部活の子と正面衝突して、その子が脳震盪を起こして、病院に運ばれたり、そしてまた今回、、、。

話によるとお互いにたいしたことはなかたっようなんですが、親としてはハラハラです。



 ちなみに彼が小学生の頃、ふざけていたら、パンチがたまたま私の右目に的中して、しばらくボクサーの試合後のように腫れ上がりました。その翌日とかに、確か「Mac Power」の取材を受けたのですが、わざわざ写真だけ、後日、撮り直してもらった覚えがあります。。。



 お願いだから、これ以上、被害者を作らないでちょうだい!



 えーと、このblogはいくつかのSNSからも読めるように設定をしているのですが、GREEからの反映があまりにも遅いので、昨夜再設定しました。すると、日記へのコメントが全部消えてしまいました(泣)


コメントいただいた方、ご、ごめんなさい。。。


以上、お詫びまででした。